CD

弦楽四重奏曲全集 フェステティチ四重奏団(19CD)(日本語解説付)

ハイドン(1732-1809)

基本情報

ジャンル
:
カタログNo
:
MERA378
組み枚数
:
19
レーベル
:
:
日本
フォーマット
:
CD

商品説明

フェステティチ四重奏団/ハイドン:弦楽四重奏曲全集(19CD)
古楽器による初のハイドン四重奏曲全集、待望のボックス化!
廃盤も相次いでいた超・重要全曲録音がまとまって復活!
各巻の日本語解説も添付の全19枚組でこの価格!
初出時「レコ芸」特選連続の、記念碑的全集!


弦楽四重奏曲というジャンルは18世紀半ばに流行しはじめ、ハイドンはその創始者ではなく、あくまで「あとから来た達人」としてこのジャンルに関わりはじめただけだったのですが、彼が1780年代初頭に楽譜出版した作品番号33の四重奏曲集が大ブレイクした結果、全4楽章形式の、その後モーツァルトやベートーヴェンらにも踏襲されてゆく弦楽四重奏曲の「型」が確立された、というのはまず間違いのないところ。結果、彼は全部で(晩年に「確実に自分が書いた」ことを覚えていただけでも)67曲もの弦楽四重奏曲を残して、「交響曲の父」であると同様に「弦楽四重奏曲の父」にもなったのでした。その重要性は『皇帝』『ひばり』『五度』といったニックネーム付の傑作だけでなく、全曲すべてに存在意義があるものとして昔から確かに認識されており、すでにLP時代から全曲録音シリーズはいくつか進行していたくらいですが、それはあくまで現代楽器での話。そして驚いたことに、その古楽器による初の全曲録音は、弦楽四重奏という演奏形態を古楽器でやるグループさえそもそもほとんどいなかった頃から延々、この分野でのパイオニアとして活躍してきた老舗団体、フェステティチ四重奏団によって早くも1990年代から進められていたのです。2009年、ハイドン歿後200周年を記念すべくリリースされた全曲録音(各2〜3枚組で全9分巻)の完結編たる「作品33」と「作品42」のセット(A414)は、この年に経営体制変更した「Arcana」レーベルの復活リリース第1弾として世に送り出されたものでした。
 重要シリーズであるにもかかわらず(巻によっては)入手難が続いていたのを誰もが歯がゆく思っておりましたところ、ようやく「Arcana」が全編収録19枚組ボックス仕様のリリースを決意、入手しやすい形態で再度世に送り出してしてくれることに。もちろん個別発売時の日本語解説も再編集のうえ添付。標題付の傑作だけでなく、67曲に「捨て曲」がいっさいなかったことを改めて体感できる絶好の機会といえましょう。どうぞお見逃しなきよう。(Mercury)

【収録情報】
ハイドン:弦楽四重奏曲全集


Disc1-2
● 6つの四重奏曲 op.9

Disc3-4
● 6つの四重奏曲 op.17

Disc5-6
● 6つの四重奏曲 op.20『太陽四重奏曲集』

Disc7-8
● 6つの四重奏曲 op.33『ロシア四重奏曲集』
● 四重奏曲 op.42『スペイン四重奏曲』

Disc9-10
● 6つの四重奏曲 op.50『プロイセン四重奏曲集』

Disc11-12
● 6つの四重奏曲 op.54, op.55『第1トスト四重奏曲集』

Disc13-14
● 6つの四重奏曲 op.64『第2トスト四重奏曲集』

Disc15-17
● 6つの四重奏曲 op.71, op.74『アポニー四重奏曲集』

Disc18-19
● 6つの四重奏曲 op.76『エルデーディ四重奏曲集』
● 2つの四重奏曲 op.77『ロプコヴィツ四重奏曲集』
● 四重奏曲 op.103『老人』

 フェステティチ四重奏団

 録音方式:ステレオ(デジタル)

ユーザーレビュー

総合評価

★
★
★
★
★

5.0

★
★
★
★
★
 
1
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0
★
★
★
★
★
新譜が出るたびに「よしよし」と言いながら...

投稿日:2014/08/30 (土)

新譜が出るたびに「よしよし」と言いながら買い揃えたフェステティチのハイドンがこの値段で、それに日本語解説もついてセット化ですか・・・あー今から買われる方が心底羨ましい。これこそ曲・演奏・録音が三位一体となった素晴らしいディスクです。曲は言わずもがな、演奏はしっかり各声部がバランスを取り、ハイドンの構造美を奏でながら、遊び心や革新性までも押さえています。そして録音の良さも最初から折り紙付き。ハイドンの全集はこの演奏があれば十分です。もう一度言います。今からこのセット買われる方が羨ましい。

てつ さん | 東京都 | 不明

14

人物・団体紹介

人物・団体ページへ

ハイドン(1732-1809)

ハイドンは1732年に生まれ、1809年に亡くなっています。その77年の生涯は、29歳から58歳までを過ごした30年に及ぶエステルハージ時代を中心に、それ以前とそれ以降の3つの時期に分けて考えることができます。「エステルハージ以前」の28年間は、幼少期の声楽やさまざまな楽器演奏の修行、青年期に入ってからの作曲の勉強に

プロフィール詳細へ

ハイドン(1732-1809)に関連するトピックス

室内楽曲 に関連する商品情報

おすすめの商品