SACD 輸入盤

チェンバロ協奏曲集第1集〜第1、2、5番、イタリア協奏曲 ハッキネン、ヘルシンキ・バロック・オーケストラ

バッハ(1685-1750)

基本情報

ジャンル
:
カタログNo
:
AE10057
組み枚数
:
1
レーベル
:
:
Europe
フォーマット
:
SACD
その他
:
ハイブリッド,輸入盤

商品説明

北欧の名手アーポ・ハッキネンのJ.S.バッハ!
共演はヘルシンキ・バロック・オーケストラ


ヘルシンキ出身の名手アーポ・ハッキネンとヘルシンキ・バロック・オーケストラのコンビによる、J.S.バッハのチェンバロ協奏曲集第1集。
 アスペレン、アンタイ、ファン・デルフト、レオンハルトといった錚々たる名匠たちから古楽奏法を学んだハッキネンは、北欧フィンランドが誇るワールドクラスの古楽系鍵盤奏者。イタリアの名ヴァイオリニスト、リッカルド・ミナージを擁するヘルシンキ・バロック・オーケストラとのバッハが、北欧の古楽の充実する「現在」を聴かせてくれます。2010年5月の録音。

【収録情報】
J.S.バッハ:
・チェンバロ協奏曲第1番ニ短調 BWV.1052
・チェンバロ協奏曲第2番ホ長調 BWV.1053
・チェンバロ協奏曲第5番ヘ短調 BWV.1056
・イタリア協奏曲ヘ長調 BWV.971

 アーポ・ハッキネン(チェンバロ)
 ヘルシンキ・バロック・オーケストラ

 録音時期:2010年6月
 録音場所:St Catherine's Church, Karjaa (BWV.1052, 1053, 1056), Sellosali, Espoo (BWV.971), Finland
 録音方式:ステレオ(デジタル/セッション)
 SACD Hybrid
 CD STEREO/ SACD STEREO/ SACD SURROUND

収録曲   

  • 01. Allegro
  • 02. Adagio
  • 03. Allegro
  • 04. Allegro
  • 05. Siciliano
  • 06. Allegro
  • 07. Allegro
  • 08. Adagio
  • 09. Presto
  • 10. Allegro - Aapo Hakkinen
  • 11. Andante - Aapo Hakkinen
  • 12. Presto - Aapo Hakkinen

ユーザーレビュー

総合評価

★
★
★
★
★

5.0

★
★
★
★
★
 
1
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0
★
★
★
★
★
交通整理のおまわりさんみたいな、直線的な...

投稿日:2012/12/10 (月)

交通整理のおまわりさんみたいな、直線的な演奏である。従来、ポリフォニー音楽の演奏はタテの線を揃えるのではなく、各パートの横の流れを重視した演奏が多かったが、アーポ・ハッキネン/ヘルシンキ・バロック・オーケストラはそれを否定するかのような演奏をしている。初めは違和感があるが、聴き進むとバッハのこれまでとは違う側面が見え、割り切った爽快感がおもしろい。 録音は2010年、フィンランド。Sellosali Espoo(ヘルシンキの北西、コンサートホール) 。BWV971はカリヤの聖キャサリン教会。直接音中心でクリアーな録音だが、間接音も適度にブレンドされ、空間性が感じられる。DSD録音。プロデューサー&エンジニアはウルリヒ・ロルシャイダーである。

colourmeister さん | 愛知県 | 不明

0

人物・団体紹介

人物・団体ページへ

バッハ(1685-1750)

1685年:アイゼナハで誕生。 1700年:リューネブルクに移り、修道院付属学校の給費生として生活。 1703年:ヴァイマルの宮廷楽団に就職。 1707年:ミュールハウゼンの聖ブラジウス教会オルガニストに就任。同年、マリア・バルバラ・バッハと結婚。 1708年:ヴァイマルに移って宮廷オルガニストに就任。 1714年:楽師長

プロフィール詳細へ

バッハ(1685-1750)に関連するトピックス

古楽 に関連する商品情報

おすすめの商品