LPレコード 輸入盤

バッハ:無伴奏ヴァイオリン・ソナタ第3番 イザイ:無伴奏ヴァイオリン・ソナタ第3番 マイケル・レビン (アナログレコード)

バッハ(1685-1750)

基本情報

ジャンル
:
カタログNo
:
ANGEL35305
組み枚数
:
1
レーベル
:
:
Europe
フォーマット
:
LPレコード
その他
:
輸入盤

商品説明

TESTAMENTから、天才ヴァイオリン奏者マイケル・レビン(1936-1972)によるバッハとイザイのアナログ盤の登場。レビンは1950年にミトロプーロスと共演、大成功をおさめ、ミトロプーロスにその才能を認められました。1954年からはヨーロッパにも演奏旅行をおこなうようになった、まさに世界にはばたいていたころの録音です。バッハの無伴奏ソナタ第3番ハ長調、およびイザイの無伴奏ソナタ第3,4番という組み合わせ。イザイの第3番はラプソディックで技巧的、第4番はピツィカートの印象的な楽章や華やかさのある作品ですが、レビンの完璧な技巧と音楽性が遺憾なく発揮された圧巻の演奏。バッハも霊感に満ちた冒頭から終曲までさすがとしかいいようがありません。神童レビンの神髄を見るアナログです。

【収録内容】
[SIDE A]
バッハ:無伴奏ヴァイオリン・ソナタ第3番 ハ長調 BWV 1005
[SIDE B]
イザイ:無伴奏ヴァイオリン・ソナタ第3番 ニ短調「バラード」、第4番 ホ短調

マイケル・レビン(ヴァイオリン)
録音:1955年

(メーカーインフォメーションより)

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

人物・団体紹介

人物・団体ページへ

バッハ(1685-1750)

1685年:アイゼナハで誕生。 1700年:リューネブルクに移り、修道院付属学校の給費生として生活。 1703年:ヴァイマルの宮廷楽団に就職。 1707年:ミュールハウゼンの聖ブラジウス教会オルガニストに就任。同年、マリア・バルバラ・バッハと結婚。 1708年:ヴァイマルに移って宮廷オルガニストに就任。 1714年:楽師長

プロフィール詳細へ

バッハ(1685-1750)に関連するトピックス

古楽 に関連する商品情報

おすすめの商品