CD

マタイ受難曲 リヒター&ミュンヘン・バッハ管弦楽団(1958)(3CD)

バッハ(1685-1750)

基本情報

ジャンル
:
カタログNo
:
POCA2006
組み枚数
:
3
:
日本
フォーマット
:
CD

商品説明

・J.S.バッハ:マタイ受難曲
 エルンスト・ヘフリガー(福音史家、アリア:テノール)
 キート・エンゲン(イエス:バス)
 アントニー・ファーベルク(第1の女、ピラトの妻:ソプラノ)
 イルムガルト・ゼーフリート(アリア:ソプラノ)
 ヘルタ・テッパー(第2の女、アリア:アルト)
 マックス・プレープストル(ユダ、ペテロ、ピラト、司祭の長:バス)
 ディートリヒ・フィッシャー=ディースカウ(アリア:バス)
 ミュンヘン少年合唱団
 ミュンヘン・バッハ合唱団
 ミュンヘン・バッハ管弦楽団
 指揮:カール・リヒター
 録音:1958年6-8月 ミュンヘン、ヘルクレスザール(ステレオ)

内容詳細

リヒター31歳の、極限までぜい肉をそぎ落とした迫真の名演。冒頭のひきずるような重苦しい持続低音に始まり、ヘフリガーの絶唱に導かれて壮大なドラマが展開する。このあまりに強い緊張感がゆえに、イエスの受難後の安らかさが、涙をさそうのである。(洋)(CDジャーナル データベースより)

総合評価

★
★
★
★
★

4.5

★
★
★
★
★
 
10
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
1
★
★
☆
☆
☆
 
1
★
☆
☆
☆
☆
 
1
★
★
★
★
★
リマスター盤が出るたびに買ってきたが、こ...

投稿日:2017/03/06 (月)

リマスター盤が出るたびに買ってきたが、このリマスターはOIBPにしては上出来だと思う。音の鮮度が十分で生々しい。同じ音源を使ったProfil盤ではフィッシャー・ディースカウのビロードのような声が割れ気味で歪っぽいし、ヘフリガーの発生の古さが強調されて喉を締め付けるような苦しさが感じられる。合唱も混濁気味で耳障りな音質には閉口するが、アルヒーフ盤ではそのような不都合はない。スピーカーで聞いた場合はProfil盤の歪感はそれほど気にならないかもしれないが、ヘッドフォン(ゼンハイザーHD650)で聞くと両者の音質の差は歴然である。Profil盤は音の劣化が著しく安物買いの銭失いとなる。純正のアルヒーフ盤を強くお勧めする。

ROYCE さん | 神奈川県 | 不明

1
★
★
★
★
★
この盤を評して★1つ、2つという方がおら...

投稿日:2012/06/04 (月)

この盤を評して★1つ、2つという方がおられることにびっくり。50年以上の歳月を経てマタイ受難曲の持つ意義まで変わってしまったのでしょうか。今でこそテンポや演奏スタイルが研究され、新録音が様々な方々によりありますがリヒター氏の演奏は今でも根強いファンがおられることは確かです。自分の基準に合わないので低評価という評価はいかがな物でしょうか。私もすっきりした演奏を好みますが、この盤も最高の逸品かと思っています。

マッキー56 さん | 長野県 | 不明

3
★
★
★
★
★
演奏というよりも、リヒターの信仰告白。黙...

投稿日:2012/02/20 (月)

演奏というよりも、リヒターの信仰告白。黙って受け入れるか、敬して遠ざけるしかない種類の録音だと思う。そんな指揮者の情熱と、それを見事に代弁してみせた、エヴァンゲリストのヘフリガーをはじめとするソリストたち初め、すべての演奏者たちに、敬意を表したいと思う。

NAKO さん | 神奈川県 | 不明

1

人物・団体紹介

人物・団体ページへ

バッハ(1685-1750)

1685年:アイゼナハで誕生。 1700年:リューネブルクに移り、修道院付属学校の給費生として生活。 1703年:ヴァイマルの宮廷楽団に就職。 1707年:ミュールハウゼンの聖ブラジウス教会オルガニストに就任。同年、マリア・バルバラ・バッハと結婚。 1708年:ヴァイマルに移って宮廷オルガニストに就任。 1714年:楽師長

プロフィール詳細へ

バッハ(1685-1750)に関連するトピックス

古楽 に関連する商品情報

おすすめの商品