Blu-spec CD 2

平均律クラヴィーア曲集第1巻全曲 リヒテル(2BS)

バッハ(1685-1750)

基本情報

ジャンル
:
カタログNo
:
SICC30068
組み枚数
:
2
:
日本
フォーマット
:
Blu-spec CD 2

商品説明

ベスト・クラシック100
リヒテル/平均律クラヴィーア曲集第1巻(全曲)


筋金入りのスタジオ録音嫌いとして知られたリヒテルは、70年代前半、自分の全レパートリーを録音するという一大プロジェクトに着手し、歴史的名盤を連発しました。このディスクは、ザルツブルクとウィーンで収録された『平均律』全集録音から第1巻を抜粋したもの。全曲録音嫌いとしても名を馳せたリヒテルが例外的に取り組んだ『平均律』は、対位法的テクスチュアの卓越した描き分け技術の素晴らしさを残響豊かなサウンドによる類いまれな美しさで記録した超名演です。(SONY/RCA)

【収録情報】
・J.S.バッハ:平均律クラヴィーア曲集第1巻(24の前奏曲とフーガ BWV846-869)

 スヴィヤトスラフ・リヒテル(ピアノ)

 録音時期:1970年7月21日〜31日
 録音場所:ザルツブルク、クレスハイム宮およびエリーザベト教会
 録音方式:ステレオ(アナログ/セッション)
 24bit/192kHzリマスタリング
 Blu-spec CD2

内容詳細

スタジオ録音が嫌いだったリヒテルが取り組んだ、例外的な全曲録音で、ピアノで演奏した「平均律」の金字塔的な録音。対位法の描き方、音色の微妙な変化など、リヒテルの卓越したテクニックと音楽性が堪能できる。(CDジャーナル データベースより)

収録曲   

ディスク   1

ディスク   2

ユーザーレビュー

総合評価

★
★
★
★
★

5.0

★
★
★
★
★
 
1
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0
★
★
★
★
★
リマスターにより音質が格段と良くなった超...

投稿日:2021/07/11 (日)

リマスターにより音質が格段と良くなった超名盤。 とても50年以上前の演奏とは思えない。 グールドやシフのアプローチとは全く異なったバッハとの向き合い方も平均率なのでとても好感がもてる。 その時の気分や体調によってグールドとどちらを聴くかという選択肢も楽しめる。

チバリスト さん | 千葉県 | 不明

0

人物・団体紹介

人物・団体ページへ

バッハ(1685-1750)

1685年:アイゼナハで誕生。 1700年:リューネブルクに移り、修道院付属学校の給費生として生活。 1703年:ヴァイマルの宮廷楽団に就職。 1707年:ミュールハウゼンの聖ブラジウス教会オルガニストに就任。同年、マリア・バルバラ・バッハと結婚。 1708年:ヴァイマルに移って宮廷オルガニストに就任。 1714年:楽師長

プロフィール詳細へ

バッハ(1685-1750)に関連するトピックス

古楽 に関連する商品情報

おすすめの商品