CD 輸入盤

無伴奏ヴァイオリンのためのソナタとパルティータ全曲 ズスケ(2CD)

バッハ(1685-1750)

基本情報

ジャンル
:
カタログNo
:
BC92752
組み枚数
:
2
レーベル
:
:
Germany
フォーマット
:
CD

商品説明

J.S.バッハ:
・無伴奏ヴァイオリンのためのソナタ第1番ト短調BWV1001
 録音:1983年10月23-27日、ルカ教会(ステレオ)

・無伴奏ヴァイオリンのためのパルティータ第1番ロ短調BWV1002
 録音:1983年10月10月25-27日,11月7-10日、ルカ教会(ステレオ)

・無伴奏ヴァイオリンのためのソナタ第2番イ短調BWV1003
・無伴奏ヴァイオリンのためのパルティータ第2番ニ短調BWV1004
 録音:1985年5月23-6日,11月7-10日、ルカ教会(デジタル)

・無伴奏ヴァイオリンのためのソナタ第3番ハ長調BWV1005
 録音:1988年4月11、12、15日、ルカ教会(デジタル)

・無伴奏ヴァイオリンのためのパルティータ第3番ホ長調BWV1006
 録音:1987年5月18-20日、ルカ教会(デジタル)

 カール・ズスケ(ヴァイオリン)

収録曲   

クラシック曲目

すべての収録曲を見る

  • Johann Sebastian Bach (1685 - 1750)
    Sonata for Violin solo no 1 in G minor, BWV 1001
    演奏者 :
    Suske, Karl (Violin)
    指揮者 :

    楽団  :

    • 時代 : Baroque
    • 形式 : Sonata
    • 作曲/編集場所 : 1720, Cothen, Germany
    • 言語 :
    • 時間 : 17:14
    • 録音場所 : 10/1983, Lukas Church, Dresden, Germany [Studio]
  • Johann Sebastian Bach (1685 - 1750)
    Partita for Violin solo no 1 in B minor, BWV 1002
    演奏者 :

    指揮者 :

    楽団  :

    • 時代 : Baroque
    • 形式 : Partita
    • 作曲/編集場所 : 1720, Cothen, Germany
    • 言語 :
    • 時間 : 31:27
    • 録音場所 : 11/1983, Lukas Church, Dresden, Germany [Studio]

総合評価

★
★
★
★
★

4.5

★
★
★
★
★
 
13
★
★
★
★
☆
 
2
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
1
★
☆
☆
☆
☆
 
0
★
★
★
★
★
厳格で、素朴で、極めて安定感のある確固と...

投稿日:2021/09/12 (日)

厳格で、素朴で、極めて安定感のある確固とした演奏だ。残響の長い教会での録音であることもこの演奏にはプラスに作用しており、無伴奏ヴァイオリンの透明感のある音色が神々しく響き渡っている。

saitaman さん | 埼玉県 | 不明

0
★
★
★
★
★
地味と言えばこれほど地味な演奏はないだろ...

投稿日:2014/02/15 (土)

地味と言えばこれほど地味な演奏はないだろう。見得を切ったりこれ見よがしなことは一切しないで、ただひたすらバッハに全てを捧げて誠実に弾いていく。ズスケの人柄そのものだ。ちょい聴きには生ぬるく聞こえたとしても無理はない。とにかくこの畢生の大作を演奏するという気負いさえもない。この人はそんなことはどうでもいいのだ。聞き手を全く意識せず、ただ作品とだけ対峙する、というのはプロの演奏家としては極めて異例だろう。誠実とか真摯とかに価値を見いださない人はこの演奏に何の価値も見いだせないだろう。キング盤は暖かいアナログ的な音作りでこれまた地味な音だが、実はハイファイである。

greyfalcon さん | 福岡県 | 不明

1
★
★
★
★
☆
しっかりした演奏。 多少地味な演奏ではあ...

投稿日:2013/06/02 (日)

しっかりした演奏。 多少地味な演奏ではあるが、 それが、かえって録音多くある中で、 新鮮味を感じさせてくれる。 いつまでも聴ける飽きの来ない演奏ですね。

金太 さん | 滋賀県 | 不明

3

人物・団体紹介

人物・団体ページへ

バッハ(1685-1750)

1685年:アイゼナハで誕生。 1700年:リューネブルクに移り、修道院付属学校の給費生として生活。 1703年:ヴァイマルの宮廷楽団に就職。 1707年:ミュールハウゼンの聖ブラジウス教会オルガニストに就任。同年、マリア・バルバラ・バッハと結婚。 1708年:ヴァイマルに移って宮廷オルガニストに就任。 1714年:楽師長

プロフィール詳細へ

バッハ(1685-1750)に関連するトピックス

古楽 に関連する商品情報

おすすめの商品