SACD 輸入盤

27の合唱曲〜児童合唱および女声合唱のための サボー&カンテムス児童合唱団、プロムジカ少女合唱団

バルトーク (1881-1945)

基本情報

ジャンル
:
カタログNo
:
HSACD32523
組み枚数
:
1
レーベル
:
:
Europe
フォーマット
:
SACD
その他
:
ハイブリッド,輸入盤

商品説明

コダーイの後押しで生まれた
民俗詞にもとづくバルトークの合唱曲


「27の合唱曲」は、バルトークが1934年にようやく音楽院の教職を離れ、これまでに蒐集した民謡の整理・出版の準備に着手することが叶うようになった過程で作曲されたもの。2つのヴァイオリンのための44の二重奏曲(1931年) とともに、バルトークが独自の音楽語法を確立するなかで、重要な位置を占める作品といわれています。1920年代中頃よりずっと、お互いによき理解者であったコダーイからの強い奨めで、誰でも簡単に学習できて歌えるハンガリー語の合唱レパートリーについて書くことを考えていたバルトークですが、ここでテキストにプロの詩作でなく、ハンガリーの民話や民俗伝承の詞が選ばれていることもポイントです。
 コダーイ小学校の在校生で構成されたカンテムスと、その卒業生たちによるプロムジカは、合唱大国ハンガリーのアンサンブルらしくきわめて高水準。SACDハイブリッド盤仕様、2008年の最新録音。(キングインターナショナル)

【収録情報】
バルトーク:合唱作品集Vol.2
・27の合唱曲 (1935-36, BB 111a, Sz 103) 〜児童合唱および女声合唱のための
 @第1巻(春 / わたしを置いてゆかないで / 家畜のためのまじない歌)
 A第2巻(祖国の人々への手紙 / 遊び歌 / 嫁探し / 鷹よ、大きな鷹よ)
 B第3巻(行かないで / わたしは指輪を持っている / この世でわたしは独りぼっち / パン焼き)
 C第4巻(軽騎兵の唄 / 怠け者の唄 / 放浪 / 娘をからかう歌)
 D第5巻(若者をからかう歌 / 聖ミカエルの祝日の賀詞 / 求婚)
 E第6巻(哀歌 / 鳥の歌 / 足踏み踊り)
 F第7巻(悲しみ / あなたに会わなかったならば / 小鳥は飛び去って)
 G第8巻(枕踊りの歌 / カノン / ご無事でさようなら)
 カンテムス児童合唱団@−C
 プロムジカ少女合唱団D−G
 デーネシュ・サボー(指揮)

 録音時期:2008年6月27日−7月1日
 録音場所:ニーレジハーザ、ゾルターン・コダーイ小学校、コダーイ・コンサート・ホール
 SACD Hybrid
 CD STEREO/ SACD STEREO/ SACD SURROUND

収録曲   

  • 01. Bartok: Twenty-seven choruses for children’s and female voices: Tavasz
  • 02. Ne hagyj itt!
  • 03. Jószág-igéző
  • 04. Levél az otthoniakhoz
  • 05. Játék
  • 06. Leánynéző
  • 07. Héjja, héjja, karahéjja
  • 08. Ne menj el!
  • 09. Van egy gyűrűm, karika
  • 10. Senkim a világon
  • 11. Cipósütés
  • 12. Huszárnóta
  • 13. Resteknek nótája
  • 14. Bolyongás
  • 15. Lánycsúfoló
  • 16. Legénycsúfoló
  • 17. Mihálynapi köszöntő
  • 18. Leánykérő
  • 19. Keserves
  • 20. Madárdal
  • 21. Csujogató
  • 22. Bánat
  • 23. Ne láttalak volna!
  • 24. Elment a madárka
  • 25. Párnás táncdal
  • 26. Kánon
  • 27. Isten veled!

ユーザーレビュー

総合評価

★
★
★
★
★

5.0

★
★
★
★
★
 
1
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0
★
★
★
★
★
天上から降り注ぐかのような児童合唱と女声...

投稿日:2009/07/05 (日)

天上から降り注ぐかのような児童合唱と女声合唱の何という純真無垢な響きの美しさ。SACDマルチで聴くと、奥行きのある録音と相まって、部屋全体が静謐で敬虔な雰囲気で満たされる。輸入盤であることや、知られざる作品であることもあり、歌詞などはよくわからないといったハンディがあるが、それを補って余りあるほどの至福の感動を我々聴き手に与えてくれる。また、どの曲も、他のジャンルで相当に前衛的な作品を作曲しているバルトークの作とは信じられないくらいの親しみやすい作品の数々であり、それも本盤の魅力の一つだ。

つよしくん さん | 東京都 | 不明

3

人物・団体紹介

人物・団体ページへ

バルトーク (1881-1945)

【新編名曲名盤300】 管弦楽のための協奏曲 | 弦楽器、打楽器とチェレスタのための音楽 | 弦楽四重奏曲(全曲)

プロフィール詳細へ

バルトーク (1881-1945)に関連するトピックス

声楽曲 に関連する商品情報

おすすめの商品