ひとりで生きていく

ヒロシ

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784331522622
ISBN 10 : 4331522628
フォーマット
出版社
発行年月
2019年11月
日本
共著・訳者・掲載人物など
:
ヒロシ ,  
追加情報
:
191p;19

内容詳細

YouTube「ヒロシちゃんねる」チャンネル登録者数50万超!
今、ヒロシが注目されている理由が、ここにある!

50歳、未婚。彼女、友達なし。
そんなヒロシが、群れずにつながらずに生きることが、
どんなにラクで、楽しいものか――それを本書で明かす。

・人づきあいが苦手。
・同級生や同僚と、どう関わっていいかわからない。
・モテない自分、結婚できない自分に焦る。
・嫌いな人と極力、関わりたくない。
・老後がただただ不安。
・それでも、自分なりに楽しく生きていきたい……。

そう感じている人は、とても多い。

だから、ヒロシは本書で伝えている。

「ひとりで生きていく」

これこそが、ヒロシが50年間、妬んだりひがんだりしながらたどり着いた、
居心地のいい生き方だ。
そして、そういうヒロシの生き方から、勇気や力をもらう人がとても多い。
本書を読み進むうちに、ちょっと笑ったり、せつなくなったりしながら、
きっとあなたなりの大切なヒントが得られるでしょう。

第1章 人間関係は流動的なものと考える
第2章 ひとりで生きられる場所に逃げる
第3章 ひとりで死ぬためのお金の話
第4章 人生がときめく、ひとりぼっちの暇潰し

著者について
芸人兼ソロキャンプYouTuber
1972年、熊本県出身。本名、齊藤健一。九州産業大学商学部商学科卒。ピン芸人として「ヒロシです。」のフレーズではじまる自虐ネタで大ブレーク。俳優としても映画『転校生 さよならあなた』『22才の別れ Lycoris 葉見ず花見ず物語』(共に大林宣彦監督)に出演。現在はカフェ「FOREST COFFEE(旧ヒロシのお店)」を経営しながら、お笑いライブなどの活動を続けている。また、2015年3月よりYouTuberとして「ヒロシちゃんねる」を配信。自ら撮影、編集したソロキャンプ動画をアップして人気を集める。チャンネル登録者数は50万人を突破(2019年10月時点)。 著書に、シリーズ50万部を突破した『ヒロシです。』『ヒロシです。2』(共に扶桑社)、『ヒロシです。華も嵐も乗り越えて』(東邦出版)、『ネガティブに生きる。ヒロシの自虐的幸福論』(大和書房)、ヒロシの日めくり『まいにち、ネガティブ』(自由国民社)、『今日のネガティブ』(SBクリエイティブ)、『働き方1.9 君も好きなことだけして生きていける』(講談社)などがある。

【著者紹介】
ヒロシ : 芸人兼ソロキャンプYouTuber。1972年、熊本県出身。本名、齊藤健一。九州産業大学商学部商学科卒。ピン芸人として「ヒロシです。」のフレーズではじまる自虐ネタで大ブレーク。俳優としても映画に出演。現在はカフェ「FOREST COFFEE(旧ヒロシのお店)」を経営しながら、お笑いライブなどの活動を続けている。また、2015年3月よりYouTuberとして「ヒロシちゃんねる」を配信。自ら撮影、編集したソロキャンプ動画をアップして人気を集める。チャンネル登録者数は50万人を突破(2019年10月時点)(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

(「BOOK」データベースより)

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

読書メーターレビュー

こちらは読書メーターで書かれたレビューとなります。

powered by

  • みどどどーーーん(みどり虫) さん

    表紙カッコいい。50歳を前にしたヒロシ(本名ヒロシじゃなかった!)は、独身で彼女もいなくて、本人曰く友達もいなくて、今は本当にひとり。でも彼がここに書いている考え方や生き方は、家族や恋人がいても、彼のようにソロキャンプはしなくても、通用する、というか心に留めておくといいっていうような言葉ばかり。「置かれた場所で咲くのはしんどい。逃げ込んだ場所で咲くこともできる」とか「ひとりで始められ、ひとりでやめられる趣味を探す。ソロとは、自由である」とか「眠れない夜はノートに書きなぐる」とかね。ひとり、人の基本だよね。

  • ゼロ さん

    芸人・ひろしがひとりで生きる方法を書いています。一発芸人であった彼が、冒頭で一発はないと言い切るのが良いです。ひとりでいきることを肯定しています。芸能界で群れずに、飄々と生きるのは難しいと思います。それでもストレスがない生き方をするために、ソロキャンプを始めたり、YouTubeを始めたりと、自分らしく生きています。お金のかからない趣味を見つけ、没頭する。できるようでできないのかもしれませんが、あんまり気にせず、自分のペースで生きるのが大切だと感じました。

  • コットン さん

    ソロキャンプであらためて有名になったヒロシのエッセイ。複数の事を同時に始めてその中から伸びるものがあれば良いという考え方は良いですね。

  • ひらちゃん さん

    今いる場所で無理に咲こうとしなくてもいいっていうのは共感です。群れなくていい。媚びなくていい。ずっとそうだったのだろうけど、変わらずでいられるのは強みかな、と。ある程度の年齢になるとあるがままでいいと思えるようになりますね。

  • キク さん

    ヒロシの覚悟がそのまま題名になっている。TVバラエティには自分の居場所はなかったこと、友達は1人もいないこと、このまま独身で死んでいくことを淡々と語る。47才の元一発屋芸人として、TVスタッフからは雑な扱いをされたと嘆いているけど、ソロキャンプyoutuber としてマニアックな人気を確立したヒロシは、生きていくことが上手い。「ひとりで生きる。それは旅をするように、日々を生きるということ」だと言い、「この本が、ひとりで生きていくことに悩んでいる人のヒントになれば」というヒロシは、本当にシャイな人だと思う。

レビューをもっと見る

(外部サイト)に移動します

ヒロシに関連するトピックス

アート・エンタメ に関連する商品情報

おすすめの商品