沈黙の轍 ずんだれ少年と恋心 だいわ文庫

ヒロシ

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784479308447
ISBN 10 : 447930844X
フォーマット
出版社
発行年月
2020年12月
日本
共著・訳者・掲載人物など
:
ヒロシ ,  
追加情報
:
208p;15

内容詳細

ヒロシ、少年時代を振り返る。アイドルに本気で恋をしたり、ノストラダムスの大予言に怯えたり、ファミコンの登場に学校中が騒いだ、あの頃。80年代に炭鉱の町で育った、エロ心を持ちつつ、モテたいけれど女子とうまく話せない「ずんだれ少年」ヒロシのおかしくも懐かしいノスタルジックエッセイ。

目次 : 閉所恐怖症/ 新しい科目/ 転校生/ 勉強の重要性/ 親父/ 弁当/ 夏の恐怖体験/ テレビゲーム/ もらい物といただき物/ 炭鉱住宅/ 偉大なる母/ 外国の友達/ 集会場でのクリスマス/ 餅投げ/ 小学生の情事/ ぽっとん便所/ 戦争の傷跡/ 消えたブリーフ/ 自作のシェルター/ 誕生会/ 土曜学校/ いぬ店/ 不良に憧れて/ ラジカセ/ 罰ゲーム/ 雪山の夜/ 張り続けたアンテナ

【著者紹介】
ヒロシ : 芸人兼ソロキャンプYouTuber。1972年生まれ。熊本県出身。ピン芸人として「ヒロシです。」のフレーズではじまる自虐ネタでブレーク。お笑い芸人の活動を続けながら、YouTuberとして「ヒロシちゃんねる」を配信(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

(「BOOK」データベースより)

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

読書メーターレビュー

こちらは読書メーターで書かれたレビューとなります。

powered by

  • nnpusnsn1945 さん

    キャンプ好きなのは小学生からのようだ。芸の通り今でいう陰キャでクラスではあまり目立たないタイプだからか自分も共感できる。ちなみに下ネタがややある。生まれた炭鉱町の様子(炭鉱住宅、餅投げ、防空壕や火薬工場などの戦争遺跡)や、80年代の事情(アイドル、不良、ラジカセ、ゲーム機)も伺えて面白い。ノストラダムスの大予言を真に受けて、庭に避難シェルターを作ったら母親に怒られたくだりは笑った。カセットビジョンを持って人気者になれたが、すぐファミコンが出て孤独になったのは悲しい。

  • かめぴ さん

    再ブレイク⁈で絶版本も再び…らしいのでミーハーな私は読んでみる。ヒロシの子ども時代の話とです。懐かしい匂いがする。お母さんが癖強で面白いが少年からすると、分かるーうちの母親もこんな感じだったなぁ。。

  • 江藤はるは さん

    ガラスの部屋のように割れやすくて繊細な心の少年だったとです…。

  • うさぎや さん

    幼少期〜高校生くらいまでのことを綴ったエッセイ集。お母さんつよい(笑)

  • ヘジン さん

    世はソロキャンプブームですが、私は駅前食堂派です。このご時世で半分は再放送、半分は日本ロケに変わってしまい、なまじ言葉が通じるだけにコミュニケーションが増えて大変なのでは。流行語大賞トップテンにまで選ばれて、忙しさがキャパを超えないかと案じています。くれぐれもご自愛ください。で、この本、贔屓目なしに面白かったです。何度も大爆笑しました。

レビューをもっと見る

(外部サイト)に移動します

ヒロシに関連するトピックス

アート・エンタメ に関連する商品情報

おすすめの商品