CD 輸入盤

レフ・オボーリン・イン・ジャパン 1956〜ムソルグスキー:展覧会の絵、ベートーヴェン:ピアノ・ソナタ第14番『月光』、チャイコフスキー:四季より(平林直哉復刻)

基本情報

ジャンル
:
カタログNo
:
GS2238
組み枚数
:
1
レーベル
:
:
International
フォーマット
:
CD
その他
:
輸入盤

商品説明


レフ・オボーリン「幻の日本録音」、詳細なデータとともに初CD化!

【このCDの復刻者より】
「1956年秋、旧ソ連からレフ・オボーリンが初来日し、全国公演の合間にスタジオ・セッションを行いました。このLPは1956年に初発売され、ムソルグスキーのみ1959年に再発売されましたが、以後は全く出ていません。また、録音データも不明でしたが、このたびその詳細な資料(日付け、技術者名、使用機材、使用したピアノ等)を入手、完全な形で復刻しました。
 とかく伴奏者のイメージが強いオボーリンですが、その正統的で豊かな音楽性は良識あるピアノ・ファンから高く評価されています。さすがに、第1回ショパン・コンクールの覇者というのは伊達ではありません。

(おことわり)
この音源のマスター・テープ、もしくはコピー・テープは存在せず、当CDはLPからの復刻となります。60年以上も前の素材ですので、LP特有のノイズがそれなりに入っております。その点をご了承下さい。」(平林直哉)

【収録情報】
1. ムソルグスキー:組曲『展覧会の絵』
2. ベートーヴェン:ピアノ・ソナタ第14番嬰ハ短調 Op.27-2『月光』
3. チャイコフスキー:舟歌(四季 Op.37bisより)
4. チャイコフスキー:トロイカ(四季 Op.37bisより)


 レフ・オボーリン(ピアノ)

 録音時期:1956年10月23日(1)、1956年10月22日(2-4)
 録音場所:東京、赤坂、国際ラジオ・センター
 録音方式:モノラル(セッション)
 使用音源:新世界レコード LS-6(LP)
 日本語帯・解説付

収録曲   

  • 01. 組曲「展覧会の絵」 (モノラル)
  • 02. ピアノ・ソナタ第14番 嬰ハ短調 Op.27-2「月光」 (モノラル)
  • 03. 「舟歌」~「四季」Op.37bisより (モノラル)
  • 04. 「トロイカ」~「四季」Op.37bisより (モノラル)

ユーザーレビュー

総合評価

★
★
★
★
☆

4.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
1
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0
★
★
★
★
☆
オリジナルLPのプロデューサーが有名評論...

投稿日:2021/06/29 (火)

オリジナルLPのプロデューサーが有名評論家(故人)と知って驚いた。演奏は細部に拘るよりも大きな流れを大切にしたもので、コンサートの中継を聴いているよう。「展覧会」キエフの大門のスケール感、「月光」最終楽章での黒い情念など、単なる音大教授の模範演奏をはるかに超えるもの。フォルテシモでも音割れのない録音。オボーリンの多くはないソロ・レコーディングの中でも最上位に挙げられるものではないだろうか。

S&G さん | 千葉県 | 不明

0

ピアノ・コンサートに関連するトピックス

器楽曲 に関連する商品情報

おすすめの商品