CD 輸入盤

はかなき人生〜ハフ:ピアノ・ソナタ第4番、ショパン:ピアノ・ソナタ第2番、バッハ=ブゾーニ:シャコンヌ、他 スティーヴン・ハフ

基本情報

ジャンル
:
カタログNo
:
CDA68260
組み枚数
:
1
レーベル
:
フォーマット
:
CD
その他
:
輸入盤

商品説明


スティーヴン・ハフ、自作のピアノ・ソナタ第4番!

イギリス・ピアノ界の名匠スティーヴン・ハフは、4つのグラミー賞ノミネート、2つの「Record of the Year」を含む8つのグラモフォン賞受賞を誇る、ピアノ王国ハイぺリオンを代表するピアニスト。「イン・ザ・ナイト」や、「夢のアルバム」など独自の選曲で綴ったコンセプト・アルバムでも人気を博してきたハフの新たな録音は、作曲家としても注目を浴びるハフ自作のピアノ・ソナタ第4番『はかなき人生』を軸に、ショパンの葬送ソナタ、リストの葬送曲など、はかない人生と「死」をテーマにした名曲をプログラミング。バッハ=ブゾーニのシャコンヌやグノーのアヴェ・マリアなどの珠玉の逸品、ハフが編曲した韓国民謡「アリラン」などを含む、眩いばかりの魅惑のラインナップでお贈りします。
 ファリャが作曲したオペラのタイトルでも知られる『はかなき人生(Vida breve)』を副題に冠したハフのピアノ・ソナタ第4番は、ミシガン州で行われているギルモア国際鍵盤音楽祭によって2016年ギルモア・ヤング・アーティスト賞を受賞したミカ・マクローリンのために作曲され、2018年にスティーヴン・ハフ自身によって初演。シャルル・トレネの「四月のパリ」など5つの小さなモチーフによって構成され、約10分間の単一楽章のなかで、シンプルな美しいメロディから次第に複雑なフーガが発展し、情熱的な激動まで、儚くも濃密な人生を描いています。(photo by Sim Canetty-Clarke)(輸入元情報)

【収録情報】
● J.S.バッハ/ブゾーニ編:シャコンヌ(無伴奏ヴァイオリン・パルティータ第2番ニ短調 BWV.1004より)
● ショパン:ピアノ・ソナタ第2番変ロ短調 Op.35
● リスト:葬送曲(詩的で宗教的な調べ S.173より)
● リスト:無調のバガテル(メフィスト・ワルツ) S.216a
● ブゾーニ:カルメンによる室内幻想曲(ソナチネ第6番) BV.284
● ハフ:ピアノ・ソナタ第4番『はかなき人生』
● 韓国民謡/ハフ編:アリラン
● グノー/ハフ編:J.S.バッハのピアノ前奏曲第1番による瞑想曲『アヴェ・マリア』


 スティーヴン・ハフ(ピアノ)

 録音時期:2018年12月10-14日
 録音場所:ロンドン、ケンティッシュ・タウン、殉教者聖サイラス教会
 録音方式:ステレオ(デジタル/セッション)

ユーザーレビュー

総合評価

★
★
★
★
★

5.0

★
★
★
★
★
 
1
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0
★
★
★
★
★
人生のうつろいを語らんとする、ハフの意欲...

投稿日:2021/07/15 (木)

人生のうつろいを語らんとする、ハフの意欲的なプログラム。ここ最近、クラシックでも増えてきたコンセプトアルバムが増えてきた。ハフは90年代の頃から「イングリッシュ・アルバム」や「スパニッシュ・アルバム」など国毎に括ったアルバムをリリースしてきたが、ここ数年は、「イン・ザ・ナイ」や「スティーヴン・ハフの夢のアルバム」などコンセプト性の高いアルバムをリリースしている。コンサートプログラムをそのままアルバムにしたような内容となっており、非常に聞きやすい。 そして今作では「死」からインスピレーションを得た曲が集められており、粒立ちの良いシャコンヌ(ブゾーニ)に始まり、自作のピアノ・ソナタ第4番で終わる。過度に歌いすぎず、どちらかといえば淡々と進んでいく中で、味わいが立ち上ってくる。一聴をお勧めする。

アベマ太郎 さん | 福井県 | 不明

0

ピアノ作品集に関連するトピックス

器楽曲 に関連する商品情報

おすすめの商品