CD 輸入盤

ショパン・リサイタル・イン・ドラクロワ美術館1963、プロコフィエフ:ピアノ協奏曲第5番、ショパン:ピアノ協奏曲第1番、他 サンソン・フランソワ(2CD)

基本情報

ジャンル
:
カタログNo
:
CDSMBA087
組み枚数
:
2
レーベル
:
:
International
フォーマット
:
CD
その他
:
輸入盤

商品説明


フランソワ・ファン狂喜! すべて正規初出音源。
ショパンのリサイタル(ドラクロワ美術館 1963)に協奏曲、
プロコフィエフの協奏曲第5番、そしてドビュッシーの前奏曲も収録!


フランス国立視聴覚研究所(INA)所有の貴重音源の復刻で評価を高めているスペクトラム・サウンド。サンソン・フランソワ[1924-1970]のすべて正規初出音源を収めた2枚組の登場。パリのウジェーヌ・ドラクロワ美術館でのショパン・リサイタル(1963年モノラル)、ボルドー音楽祭からプロコフィエフのピアノ協奏曲第5番(1965年モノラル)、ショパンのピアノ協奏曲第1番(1962年モノラル)、ショパンのピアノ協奏曲第2番(1963年モノラル)、そして放送用セッション(1962年モノラル)からドビュッシー:前奏曲集(7曲)を収録。同時発売予定の「CDSMBA086」と同様、すべてディスコグラフィにある作品ながらすべて正規初出の音源です。
 ショパンのリサイタルはドラクロワ美術館内のアトリエで開かれた演奏会を収録したもの。ここでもフランソワならではの雄弁な演奏に注目。中でも『葬送ソナタ』は多くの録音が残されていますが、鬼気迫る当演奏は聴き逃せません。プロコフィエフの協奏曲では力強く特有のアクセントにもフランソワらしい味がある演奏を披露。そして、ショパンの2つの協奏曲では詩情あふれる演奏を展開し、聴衆の熱気が伝わってきます。
 放送用に収録されたドビュッシーでも一期一会から生み出される演奏が光ります。変ト長調で書かれた『亜麻色の髪の乙女』では冒頭モチーフに戻る7小節目最後の「ド♭」の音を「ドのナチュラル」で弾くなど、その一音に色を添えて演奏。モノラルながらその色彩豊かな演奏は光り輝いております。
 丁寧なマスタリングで定評のあるスペクトラム・サウンドが「INA」の正規音源から復刻した当アルバムは、2020年に歿後50年を迎えたフランソワの至芸を堪能できる充実の内容です。なお、当復刻はフランソワの孫クローディ・フランソワの全面協力のもと実現しました。平林直哉氏による日本語解説付き。(輸入元情報)

【収録情報】
Disc1
(73:35)
ショパン・リサイタル・イン・ウジェーヌ・ドラクロワ美術館 1963
ショパン:
● タランテラ 変イ長調 Op.43
● 夜想曲 第2番変ホ長調 Op.9-2
● ワルツ第13番変ニ長調 Op.70-3
● ワルツ第7番嬰ハ短調 Op.64-2
● ピアノ・ソナタ第2番変ロ短調 Op.35『葬送行進曲付き』
● ワルツ第1番変ホ長調 Op.18『華麗なる大円舞曲』


 サンソン・フランソワ(ピアノ)

 録音時期:1963年3月21日
 録音場所:パリ、ウジェーヌ・ドラクロワ美術館
 録音方式:モノラル(ライヴ)【初出音源】

ボルドー音楽祭 1964より
● プロコフィエフ:ピアノ協奏曲第5番ト長調 Op.55


 サンソン・フランソワ(ピアノ)
 ボルドー・フィルハーモニック管弦楽団
 コンスタンティン・シルヴェストリ(指揮)

 録音時期:1961年5月14日
 録音場所:ボルドー
 録音方式:モノラル(ライヴ)【初出音源】

● ドビュッシー:前奏曲集 第2巻より第12曲『花火』
● ドビュッシー:前奏曲集 第1巻より第1曲『デルフィの舞姫』
● ドビュッシー:前奏曲集 第1巻より第5曲『アナカプリの丘』
● ドビュッシー:前奏曲集 第1巻より第8曲『亜麻色の髪の乙女』


 サンソン・フランソワ(ピアノ)

 録音時期:1962年4月3日
 録音場所:パリ、RTFスタジオ
 録音方式:モノラル/セッション)【初出音源】

Disc2(77:40)
● ドビュッシー:前奏曲集 第1巻より第10曲『沈める寺』
● ドビュッシー:前奏曲集 第1巻より第11曲『パックの踊り』
● ドビュッシー:前奏曲集 第1巻より第12曲『ミンストレル』


 サンソン・フランソワ(ピアノ)

 録音時期:1962年4月3日
 録音場所:パリ、RTFスタジオ
 録音方式:モノラル/セッション)【初出音源】

● ショパン:ピアノ協奏曲第1番ホ短調 Op.11

 サンソン・フランソワ(ピアノ)
 フランス国立フィルハーモニック管弦楽団
 ロベルト・ベンツィ(指揮)

 録音時期:1962年11月11日
 録音場所:パリ、サル・プレイエル
 録音方式:モノラル(ライヴ)【初出音源】

● ショパン:ピアノ協奏曲第2番ヘ短調 Op.21

 サンソン・フランソワ(ピアノ)
 フランス国立フィルハーモニック管弦楽団
 セルジュ・ボド(指揮)

 録音時期:1963年10月12日
 録音場所:フランス、シェール県ブールジュ
 録音方式:モノラル(ライヴ)【初出音源】

 音源:フランス国立視聴覚研究所音源提供
 24bit/192KHz digital restoration and remastering from the original master tapes

 輸入盤・日本語帯・解説付

内容詳細

フランソワの目を瞠るライヴ録音などを収録。63年のドラクロワ美術館、64年のボルドー音楽祭と3つの協奏曲。それにドビュッシーのスタジオ録音。いずれもファンタジックな世界に誘い込んでくれる稀有なアルバムだ。(CDジャーナル データベースより)

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

ピアノ作品集に関連するトピックス

器楽曲 に関連する商品情報

おすすめの商品