フランク、エドゥアルト(1817-1893)

人物・団体ページへ

CD 輸入盤

【中古:盤質AB】 ピアノ協奏曲第1番、第2番 ゲオルク・ミヒャエル・グラウ、ファウジ・ヘイモア&ロイトリンゲン・ヴュルテンベルク・フィル

フランク、エドゥアルト(1817-1893)

中古情報

新品ジャケット
こちら ※参考のため、実際の商品と異なる場合がございます
:
AB
特記事項
:
キズ小
:
HMV record shop オンライン

基本情報

ジャンル
カタログNo
555320
レーベル
Cpo
Germany
フォーマット
CD
その他
:
輸入盤

商品説明

(こちらは新品のHMVレビューとなります。参考として下さいませ。中古商品にはサイト上に記載がある場合でも、封入/外付け特典は付属いたしません。また、実際の商品と内容が異なる場合がございます。)

エドゥアルト・フランク:ピアノ協奏曲第1番、第2番

19世紀当時、プロイセン、シレジアのブレスラフに生まれたエドゥアルト・フランク。裕福な家に生まれた彼は、幼い頃からドイツの著名人らと交流を持ち、とりわけメンデルスゾーンからは私的な指導を受けることができ、強い影響を受けました。1845年から1851年にケルンに拠点を移した後、ケルン音楽院で教鞭を執り、教育者として高く評価されましたが、容易に作品の出版を承認しなかったため、作曲家としての高い名声を獲得することができませんでした。
 このアルバムに収録された2曲のピアノ協奏曲の中で、第1番は、1849年頃に作曲された彼の初の大規模なオーケストラ作品であり、嵐を思わせる激しい主題が印象的です。第2番は手稿譜のみが残された1879年の作品で、このアルバムが初録音となります。(輸入元情報)

【収録情報】
E.フランク:
1. ピアノ協奏曲第1番ニ短調 Op.13
2. ピアノ協奏曲第2番ハ長調


 ゲオルク・ミヒャエル・グラウ(ピアノ)
 ロイトリンゲン・ヴュルテンベルク・フィルハーモニー管弦楽団
 ファウジ・ヘイモア(指揮)

 録音時期:2018年5月30日〜6月2日
 録音場所:Studio der Württembergischen Philharmonie Reutlingen
 録音方式:ステレオ(デジタル/セッション)
 世界初録音(2)

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

音楽 に関連する商品情報

おすすめの商品