SHM-CD

ピアノ協奏曲集 バレンボイム、ドゥダメル&シュターツカペレ・ベルリン(2CD)

ブラームス(1833-1897)

基本情報

ジャンル
:
カタログNo
:
UCCG1707
組み枚数
:
2
:
日本
フォーマット
:
SHM-CD

内容詳細

年寄りの若者との正しい関わりの見本! すっかり欧州で活動の地歩を固めた感のあるドゥダメルが、会心のブラームスを聴かせた演奏会のライヴ。若き才能の躍進を陰で支えてきた音楽家のひとりバレンボイムが、自身が育ててきたオケを提供して、ソロ・ピアノも引き受けての秀演となった。(田)(CDジャーナル データベースより)

収録曲   

ユーザーレビュー

総合評価

★
★
★
☆
☆

3.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
1
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
1
★
☆
☆
☆
☆
 
0
★
★
★
★
☆
なかなかの秀演である。第2番ではテンポの...

投稿日:2021/02/25 (木)

なかなかの秀演である。第2番ではテンポの揺れがみられるが、ドウダメルがそれに合わせてがっちりとサポートしているところが好ましい。バレンボイムのピアノは、一つ一つの音をあいまいに弾かないで、実に、粒のそろった音でくっきりと聞かせてくれる。オケの表現力も見事なもので、著名オーケストラのものと比べても、遜色がないように思われる。何れにしても、一度は聞いてみる価値がありそうな演奏に思われたが、前のレビューの方が酷評していたので、大きな声では言えないが…

ジョージFNAQ さん | 京都府 | 不明

0
★
★
☆
☆
☆
1番を聞いてガッカリ。女々しいのだ。もっ...

投稿日:2017/09/02 (土)

1番を聞いてガッカリ。女々しいのだ。もってまわったような芝居がかったタメを繰り返すピアノも嫌らしいが、バックのオケも軟弱でなよなよ。ドイツ風のガッツのあるブラームスを期待すると、はぐらかされる。

ROYCE さん | 神奈川県 | 不明

0

人物・団体紹介

人物・団体ページへ

ブラームス(1833-1897)

1833年:北ドイツのハンブルクでヨハネス・ブラームス誕生。 1843年:演奏会にピアニストとして出演。作曲家、ピアニストのマルクスゼンに師事。 1852年:ピアノ・ソナタ第2番が完成。 1853年:ピアノ・ソナタ第1番、ピアノ・ソナタ第3番が完成。 1854年:ピアノ三重奏曲第1番、シューマンの主題による変奏曲が完成。

プロフィール詳細へ

ブラームス(1833-1897)に関連するトピックス

協奏曲 に関連する商品情報

おすすめの商品