SACD

ブラームス:クラリネット・ソナタ第1番、第2番、歌曲編曲集、シューマン:幻想小曲集 吉田 誠、小菅 優

ブラームス(1833-1897)

基本情報

ジャンル
:
カタログNo
:
SICX10009
組み枚数
:
1
:
日本
フォーマット
:
SACD
その他
:
ハイブリッド

商品説明

完璧なテクニックと芸術的成熟を合わせ持つふたりの音楽家の邂逅

ソニー・クラシカルとSMJIから15枚ものアルバムをリリースし、現在はベルリンを拠点に世界的な活動を続けるピアニスト、小菅 優。パリとジュネーヴで学び、多方面で活躍するクラリネット奏者、吉田 誠。数年前から折を見て共演してきたふたりの俊英が、温めてきたブラームス晩年の傑作である『クラリネット・ソナタ』と、シューマン全盛期の佳品『幻想小曲集』を満を持してレコーディング。音響的にも定評のある白寿ホールでのDSD録音で、サウンド面でも音楽面でも最高の仕上がりとなりました。
 フィルアップに収録されたブラームスの5曲の歌曲(歌のパートをクラリネットで演奏)は、ブラームスのソナタの非公式な初演時に演奏されたとされるもの。このアルバムは、そんな初演時の雰囲気を伝える内容となっています。吉田の使用するセゲルケ製のクラリネットの鄙びた音色と、小菅の闊達自在なピアノ、ともに聴きものです。(メーカー資料より)

【収録情報】
1.ブラームス:5つのリート Op.105より第1曲『調べのように私を通り抜ける』
2.ブラームス:5つのリート Op.107より第3曲『乙女は語る』
3.ブラームス:5つのリート Op.106より第3曲『霜が降りて』
4.ブラームス:5つのリート Op.107より第5曲『乙女の歌』
5.ブラームス:5つのリート Op.105より第2曲『私の眠りはますます浅くなり』
6.ブラームス:クラリネット・ソナタ第1番ヘ短調 Op.120-1
7.ブラームス:クラリネット・ソナタ第2番変ホ長調 Op.120-2
8.シューマン:幻想小曲集 Op.73


 吉田 誠(クラリネット)
 小菅 優(ピアノ)

 録音時期:2020年7月
 録音場所:東京、白寿ホール
 録音方式:ステレオ(DSD/セッション)
 SACD Hybrid

内容詳細

吉田誠による、ブラームスの二つのクラリネット・ソナタと歌曲用からクラリネット版に編曲したリート作品などを収録。ピアニストは、吉田と共演回数を重ねてきた小菅優。二人で温めてきたアイディアとコラボレーション力が、豊饒な音色で披露されている。(CDジャーナル データベースより)

収録曲   

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

人物・団体紹介

人物・団体ページへ

ブラームス(1833-1897)

1833年:北ドイツのハンブルクでヨハネス・ブラームス誕生。 1843年:演奏会にピアニストとして出演。作曲家、ピアニストのマルクスゼンに師事。 1852年:ピアノ・ソナタ第2番が完成。 1853年:ピアノ・ソナタ第1番、ピアノ・ソナタ第3番が完成。 1854年:ピアノ三重奏曲第1番、シューマンの主題による変奏曲が完成。

プロフィール詳細へ

ブラームス(1833-1897)に関連するトピックス

室内楽曲 に関連する商品情報

おすすめの商品