CD 輸入盤

ブラームス:パガニーニの主題による変奏曲、シューマン:パガニーニの奇想曲による6つの練習曲、6つの演奏会用練習曲 ヨゼフ・モーク

ブラームス(1833-1897)

基本情報

ジャンル
:
カタログNo
:
ONYX4236
組み枚数
:
1
レーベル
:
フォーマット
:
CD
その他
:
輸入盤

商品説明


ヨゼフ・モークが魅せる「パガニーニのカプリース」に基づく3つの作品集!

1987年生まれ、2015年に英グラモフォン賞の「ヤング・アーティスト・オブ・ジ・イヤー」を受賞、2016年に『グリーグ&モシュコフスキ:ピアノ協奏曲集』が第58回グラミー賞にノミネートされたドイツのヴィルトゥオーゾ・ピアニスト、ヨゼフ・モーク(ヨーゼフ・モーグ)。「ONYX」からのリリース第11弾となる本作では、1820年に出版されて以来、数多くの作曲家を魅了してきたパガニーニのカプリースに基づくブラームスとシューマンの作品をカップリング!
 シューマンの2つのエチュードは1830年の4月、フランクフルトでパガニーニの演奏を聴いたことがきっかけで生まれた、有名な『謝肉祭』と同時期の作品です。これらの初期作品から、エンデニヒの精神病院で24のカプリースのピアノ伴奏を作曲した晩年まで、シューマンはパガニーニに魅了され続けていました。
 同じくパガニーニに魅せられたブラームスは、偉大なヴィルトゥオーゾ・ピアニスト、カール・タウジヒのために変奏曲を作曲しました。ブラームスは第24番のカプリースを「ピアノフォルテのための研究」に仕立て上げ、出来上がった力作をクララ・シューマンは「魔女の変奏曲」と呼びました。タウジヒはこの曲を気に入り、ブラームスに「私はこの曲で悪魔のような時間を過ごしました・・・誰もがこの曲は演奏不可能だと思っています」と書き送っています。
 明晰な音楽性と圧倒的な技巧に定評のあるモークならではの演奏でお楽しみください。(輸入元情報)

【収録情報】
● ブラームス:パガニーニの主題による変奏曲イ短調 Op.35
● シューマン:パガニーニの奇想曲による6つの練習曲 Op.3
● シューマン:パガニーニの奇想曲による6つの演奏会用練習曲 Op.10


 ヨゼフ・モーク(ピアノ)

 録音方式:ステレオ(デジタル)

収録曲   

  • 01. Brahms: Variations on a Theme by Paganini A minor,
  • 02. Op.35 Schumann: 6 Etudes with Paganini Eccentrics, Op.3
  • 03. 6 Concert Practice
  • 04. With Paganini's Eccentrics, Op.10
  • 05. Brahms: Variations on a theme by Paganini, Op.35

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

人物・団体紹介

人物・団体ページへ

ブラームス(1833-1897)

1833年:北ドイツのハンブルクでヨハネス・ブラームス誕生。 1843年:演奏会にピアニストとして出演。作曲家、ピアニストのマルクスゼンに師事。 1852年:ピアノ・ソナタ第2番が完成。 1853年:ピアノ・ソナタ第1番、ピアノ・ソナタ第3番が完成。 1854年:ピアノ三重奏曲第1番、シューマンの主題による変奏曲が完成。

プロフィール詳細へ

ブラームス(1833-1897)に関連するトピックス

器楽曲 に関連する商品情報

おすすめの商品