SHM-CD

ブラームス:交響曲第1番、、ワーグナー:『マイスタージンガー』第1幕への前奏曲 ベーム&ウィーン・フィル(1975年3月22日東京ライヴ)

ブラームス(1833-1897)

基本情報

ジャンル
:
カタログNo
:
UCCG4489
組み枚数
:
1
:
日本
フォーマット
:
SHM-CD

商品説明

ベーム&ウィーン・フィル/NHKホール・ライヴ1975
ブラームス:交響曲第1番、ワーグナー:『マイスタージンガー』前奏曲(3月22日)

SHM-CD仕様 日本独自企画

20世紀の巨匠指揮者カール・ベームが手兵ウィーン・フィルと共に行った1975年の日本公演から、5タイトルをSHM−CD化。当時絶頂期だったベーム&ウィーン・フィルの来日公演は、日本のファンから熱狂的に迎えられ、NHKが収録してTVでも放送されました。長年入手困難だったこのライヴ録音を、SHM−CDで発売します。
 このディスクには、公演5日目となった3月22日の録音から、後半に演奏されたブラームスの交響曲第1番と、アンコールに演奏された『マイスタージンガー』第1幕への前奏曲が収録されています。(ユニバーサル ミュージック)

【収録情報】
1. ブラームス:交響曲第1番ハ短調 Op.68
2. ワーグナー:『ニュルンベルクのマイスタージンガー』第1幕への前奏曲

 ウィーン・フィルハーモニー管弦楽団
 カール・ベーム(指揮)

 録音時期:1975年3月22日
 録音場所:東京、NHKホール
 録音方式:ステレオ(アナログ/ライヴ)

内容詳細

75年、ベーム/ウィーンpo.による来日公演。これは3月22日、公演5日目のプログラム後半に演奏された「ブラ1」とアンコールの「マイスタージンガー」だ。すでにLP時代から愛聴されてきた演奏。残響の少ないNHKホールの録音だが、当日の熱気は凄まじい。ベームの遺した最上級の録音だろう。(長)(CDジャーナル データベースより)

収録曲   

ユーザーレビュー

総合評価

★
★
★
★
★

5.0

★
★
★
★
★
 
3
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0
★
★
★
★
★
この演奏会に行けなかったことが残念に思え...

投稿日:2017/07/02 (日)

この演奏会に行けなかったことが残念に思えるほどの名演だと思います。ライブ盤が残っているだけでも幸いです。交響曲1の冒頭の格調高さが引き立っています。マイスタージンガーの和音も旋律も生命力に溢れています。

テリーヌ さん | 兵庫県 | 不明

2
★
★
★
★
★
この演奏会は春だった。当時私は中3だった...

投稿日:2014/09/23 (火)

この演奏会は春だった。当時私は中3だったが、このチクルスのチケットは抽選に外れていたので諦めていた。ところが、直前になってNHKはオケピットを開放し、当日券を売り出すと告知した。私は親を拝み倒し、チケット代7000円を握りしめ、友人と当日券を求め並び、この日のチケットを入手できた。そしてこの演奏会、冒頭のレオノーレ、火の鳥と聞いてオーケストラというのはこういう音を出し、こういう表現をするのだと、心から思い知った。しかし後半のブラームスは私の想像を超えていた。第四楽章のコーダに向かうところで自然と涙が溢れ出し、クラシック音楽とはこれほど凄いものだとベームに教えてもらった。このチクルスのアンコールはブルードナウかマイスタージンガーと知っていたので、できればマイスタージンガーが聞きたいと願っていたが、アンコールでマイスタージンガーが鳴り始めたとき、心から震撼したことを今でも鮮明に覚えている。叶うならば、今の若い世代が、このようなエポックメーキングなクラシックの演奏会を聞く機会を持ち、クラシックを人生の糧とするような体験をしてほしいと心から願うのだが、それは叶わぬ夢なのだろうか・・

てつ さん | 東京都 | 不明

11
★
★
★
★
★
ベームのブラームスの一番は、ベルリン・フ...

投稿日:2013/02/19 (火)

ベームのブラームスの一番は、ベルリン・フィルかウィーン・フィルとのスタジオ録音が有名であるが、この演奏はその中間地点にあるものではなかろうか。 ウィーン・フィルのものとくらべて、ライブのベームは違う(あるいは熱い)という意見の裏付けとしては十分であるように思える。 マイスタージンガーもバイロイト音楽祭のライブ録音とウィーン・フィルとの管弦楽曲の間を行くもの。ベームのこの曲の中では個人的にはベストであると思う。 両曲ともライブゆえの傷はいくらかあるが、これは名演でしょう。「ベーム、ウィーン・フィルとの伝説的海外公演集」みたいな触れ込みでインターナショナル盤にしてもいくらか売れると思いますよ。 それにしても、これを東京で聴くことができたというのか。そもそも自分は生まれていないが…。

ヒヒ さん | 愛知県 | 不明

3

人物・団体紹介

人物・団体ページへ

ブラームス(1833-1897)

1833年:北ドイツのハンブルクでヨハネス・ブラームス誕生。 1843年:演奏会にピアニストとして出演。作曲家、ピアニストのマルクスゼンに師事。 1852年:ピアノ・ソナタ第2番が完成。 1853年:ピアノ・ソナタ第1番、ピアノ・ソナタ第3番が完成。 1854年:ピアノ三重奏曲第1番、シューマンの主題による変奏曲が完成。

プロフィール詳細へ

ブラームス(1833-1897)に関連するトピックス

交響曲 に関連する商品情報

おすすめの商品

この商品が登録されてる公開中の欲しい物リスト