CD 輸入盤

交響曲第1番、他 クレンペラー&ケルン放送交響楽団

ブラームス(1833-1897)

基本情報

ジャンル
:
カタログNo
:
MM005
組み枚数
:
1
レーベル
:
:
Europe
フォーマット
:
CD
その他
:
ライブ盤,輸入盤

商品説明

medici MASTERS(メディチ・マスターズ)
クレンペラー/ブラームス:交響曲第1番、他

巨匠クレンペラーがもっとも意欲が漲っていた時期に行なわれたケルン放送響とのライヴ集。ブラームスはクナッパーツブッシュの演奏と信じて売られていた(いる)もので、ファンの間ではとりわけ有名だったもの。全編をつらぬくガッチリとした造形がこたえられない魅力となっています。『エグモント』も辛口演奏の典型ともいえるきびしさが潔く、この上ない風格。
 さらに、同じくロンドンを迎えたNDR響との録音(55年)もある、師マーラー作の「亡き児」。これはロンドンの、という以上にまさしくクレンペラーの亡き児。クレンペラーが振るとシンフォニックな響きで作品が満たされるから不思議です。
 すべてWDRのオリジナル・マスター・テープよりのCD化で、驚くほど鮮明な音質で聴けるのが何よりのポイントです。(キングインターナショナル)

・ベートーヴェン:『エグモント』序曲 op.84
 ケルン放送交響楽団
 オットー・クレンペラー(指揮)
 録音時期:1955年5月28日(モノラル)
 録音場所:ケルン、WDRフンクハウス、第1ホール(ライヴ)

・ブラームス:交響曲第1番ハ短調 op.68
・マーラー:亡き子を偲ぶ歌
 ジョージ・ロンドン(バス=バリトン)
 ケルン放送交響楽団
 オットー・クレンペラー(指揮)
 録音時期:1955年10月17日(モノラル)
 録音場所:ケルン、WDRフンクハウス、第1ホール(ライヴ)

収録曲   

  • 01. Klemperer, Otto - Egmont Op. 84 (ouvertuere Und Mu
  • 02. Ouvertuere: Sostenuto, Ma Non Troppo - Allegro
  • 03. Klemperer, Otto - Sinfonie Nr. 1 C-moll Op. 68
  • 04. 1. Un Poco Sostenuto - Allegro
  • 05. 2. Andante Sostenuto
  • 06. 3. Un Poco Allegretto E Grazioso
  • 07. 4. Adagio - Piu Andante - Allegro Non Troppo, Ma C
  • 08. Klemperer, Otto - Kindertotenlieder (5 Lieder Nach
  • 09. Nun Will Die Sonn' So Hell Aufgehn
  • 10. Nun Seh Ich Wohl, Warum So Dunkle Flammen
  • 11. Wenn Dein Muetterlein
  • 12. Oft Denk Ich, Sie Sind Nur Ausgegangen!
  • 13. In Diesem Wetter

総合評価

★
★
★
★
★

5.0

★
★
★
★
★
 
6
★
★
★
★
☆
 
1
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0
★
★
★
★
★
クレンペラーのスタジオ録音のブラームス交...

投稿日:2021/03/14 (日)

クレンペラーのスタジオ録音のブラームス交響曲全集は持っていますが、なんかしっくりこなく、印象が薄いものでした。このケルンとのライブ録音は、モノラルですが情報量が多く音質も最高、巨大な造形と構成力で第一楽章から引き込まれてしまいました。第三楽章の美しさも目を見張るものがあります。第四楽章は圧倒的な名演で、この曲の良さを初めて理解することができました。

LFA さん | 千葉県 | 不明

0
★
★
★
★
★
圧倒的な構成力と推進力に巨大さが矛盾しな...

投稿日:2015/02/11 (水)

圧倒的な構成力と推進力に巨大さが矛盾しないことを証明する演奏 ザンデルリンクのような渋さもなくカラヤンのロンドンライブのような音の洪水とは違う次元に存在する。聴衆と一体になり、耳を傾けるような演奏でもなくフルトヴェングラーのような燃えるようでもない。 崇高であるがゆえにブル1を超えたブル1

ハリボー さん | 東京都 | 不明

0
★
★
★
★
★
すばらしいブラームス。この演奏で初めてブ...

投稿日:2010/02/18 (木)

すばらしいブラームス。この演奏で初めてブラームスが好きになりました。録音はスタジオより上質です。音が良くなると演奏の印象ががらりと変わってしまいました。

Licca さん | 千葉県 | 不明

0

人物・団体紹介

人物・団体ページへ

ブラームス(1833-1897)

1833年:北ドイツのハンブルクでヨハネス・ブラームス誕生。 1843年:演奏会にピアニストとして出演。作曲家、ピアニストのマルクスゼンに師事。 1852年:ピアノ・ソナタ第2番が完成。 1853年:ピアノ・ソナタ第1番、ピアノ・ソナタ第3番が完成。 1854年:ピアノ三重奏曲第1番、シューマンの主題による変奏曲が完成。

プロフィール詳細へ

ブラームス(1833-1897)に関連するトピックス

交響曲 に関連する商品情報

おすすめの商品