CD 輸入盤

交響曲第3番、ハイドン変奏曲 ジョルジェスク&エネスコ・フィル(1964)

ブラームス(1833-1897)

基本情報

ジャンル
:
カタログNo
:
ERT1024
組み枚数
:
1
レーベル
:
:
International
フォーマット
:
CD
その他
:
輸入盤

商品説明


ブラームス:交響曲第3番、ハイドン変奏曲
ジョルジェスク&エネスコ・フィル


エレクトレコード創立80周年記念、東武ランドシステム共同制作
本邦初登場! ジョルジェスクの名演
2014年の没後50年記念リリース

ジョルジェスク御息女、Madame Ratiu-Raileanu制作協力
ジョルジェスク研究家Chotil-Fani氏がライナーノート執筆(仏、英、日本語解説)

いささか頼りない位の開始ですが、これがジョルジェスクの計算であることが聴きすすむ内に理解できます。ライヴのジョルジェスクは極めて少ないために貴重そのもの、特に亡くなる年の演奏だけに感慨深い名演。独特のフレージング、テンポ変化はシューリヒトをも思わせますが、これぞ「ニキシュ直伝」のユーモアを伴った融通無碍な指揮法に基づく物なのかもしれません。ブラームスの交響曲の中でも最もお洒落な、誤解を承知で言えばラテン音楽的アプローチが有効な曲だけに楽しめます。ハイドン変奏曲はスタジオ録音だけにより明瞭な音質で木管の歌はまことに好ましいもので、しみじみした味わいに満ちております。交響曲は古典配置、ハイドン変奏曲は低弦を右に配した現代配置です。(TOBU)

【収録情報】
ブラームス:
・交響曲第3番ヘ長調 Op.90
 録音時期:1964年5月23日
 録音方式:ステレオ(アナログ/ライヴ)

・ハイドンの主題による変奏曲 Op.56a
 録音時期:1964年2月23日
 録音方式:ステレオ(アナログ/セッション)

 ブカレスト・ジョルジュ・エネスコ・フィル
 ジョルジュ・ジョルジェスク(指揮)

ユーザーレビュー

総合評価

★
★
☆
☆
☆

2.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
1
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
1
★
★
★
☆
☆
期待した3番はあまり音質が良くないですが...

投稿日:2016/11/04 (金)

期待した3番はあまり音質が良くないですが、変奏曲は味わいある表現で楽しめました。ヒストリカル愛好家ならこの東武のジョルジェスクは天祐に等しいと思います。 それにしてもこの大指揮者のまとまった貴重な復刻シリーズだというのに、売り上げが悪いのか廉価で特売されているこの現状。 有名人のレコードしか聴かず、付和雷同するだけで自分の耳を持たない日本のクラシックリスナーの惨状を象徴しており、情けない限りです。

じんけ さん | 兵庫県 | 不明

2
★
☆
☆
☆
☆
演奏はオーソドックスながら説得力のあるも...

投稿日:2014/03/31 (月)

演奏はオーソドックスながら説得力のあるものなのでこれはこれでいいとしても、交響曲はどう聴いても完璧なモノラル録音だ。当然配置などわかるはずなどない。これでは詐欺だろう。TOBUのコメントは罰金ものだよ。久しぶりの酷いコメントだ。

ぼん さん | 神奈川県 | 不明

4

人物・団体紹介

人物・団体ページへ

ブラームス(1833-1897)

1833年:北ドイツのハンブルクでヨハネス・ブラームス誕生。 1843年:演奏会にピアニストとして出演。作曲家、ピアニストのマルクスゼンに師事。 1852年:ピアノ・ソナタ第2番が完成。 1853年:ピアノ・ソナタ第1番、ピアノ・ソナタ第3番が完成。 1854年:ピアノ三重奏曲第1番、シューマンの主題による変奏曲が完成。

プロフィール詳細へ

ブラームス(1833-1897)に関連するトピックス

交響曲 に関連する商品情報

おすすめの商品