SACD

交響曲第4番、大学祝典序曲 バルビローリ&ウィーン・フィル(シングルレイヤー)(限定盤)

ブラームス(1833-1897)

基本情報

ジャンル
:
カタログNo
:
TOGE15025
組み枚数
:
1
:
日本
フォーマット
:
SACD

商品説明

『EMI CLASSICS 名盤 SACDシングル・レイヤー・シリーズ』
バルビローリ&ウィーン・フィル/ブラームス:交響曲第4番、大学祝典序曲

限定盤

人生の深さが音に! 音楽を知りつくした人のみが創れる深く大きい世界
音楽を、そして人生を深く歩きぬいた人のみが到達できる、と感じさせる、自然体でしなやかで味わい深い、地味に溢れたブラームスです。バルビローリの指揮に、それも自然体で対応するウィーン・フィルの演奏も極上。何度も聴きたくなる名演です。(EMI)

【収録情報】
ブラームス:
・交響曲第4番ホ短調 op.98
・大学祝典序曲 op.80

 ウィーン・フィルハーモニー管弦楽団
 サー・ジョン・バルビローリ(指揮)

 録音時期:1967年
 録音方式:ステレオ(アナログ/セッション)
 英アビー・ロード・スタジオ最新リマスター音源使用

 SACD Single Layer
 SACD対応プレイヤーで再生できます。

収録曲   

  • 01. 交響曲 第4番 ホ短調 作品98 第1楽章:アレグロ・ノン・トロッポ
  • 02. 交響曲 第4番 ホ短調 作品98 第2楽章:アンダンテ・モデラート
  • 03. 交響曲 第4番 ホ短調 作品98 第3楽章:アレグロ・ジョコーソ
  • 04. 交響曲 第4番 ホ短調 作品98 第4楽章:アレグロ・エネルジコ・エ・パッショナート
  • 05. 大学祝典序曲 作品80

総合評価

★
★
★
★
★

5.0

★
★
★
★
★
 
6
★
★
★
★
☆
 
1
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0
★
★
★
★
★
こんなにもたくさんの音が入っていたんです...

投稿日:2013/02/11 (月)

こんなにもたくさんの音が入っていたんですよ。それも、最高潮の時代のバリバリのウィンナ楽器の音が。決して急がない、ジェントルマンの音楽がウィンナ楽器で奏でられ。 実は、あまりにファゴットがよく聞こえるので、何年ぶりかでスコアを見直してみました。そのくらい、混濁せずに木管が聞こえてきます。ウィーン・フィルの美質を最大限に生かすようなテンポ設定と、そして録音の質。SACDではじめてデュナーミクをこんなにも実践していたのだとわかります。それにしても、ブラームスはあまりにfppなんてのが多いですね。その精神はSACDでこそ初めてわれわれのような書斎のリスナーに伝わるってもんです。  ここに書かれているファンの方々と同じで、私もバルビローリのこのブラームスが大好きです。聞いていない人は是非入手できるうちに聞いてくださいよ。ちなみに、LPで1回、CDで都合3回買ったかな。でも、このSACDだけはもう離せません。

Salomon さん | 広島県 | 不明

5
★
★
★
★
★
今でも時々LPを引っ張り出して聴くほどの...

投稿日:2013/01/05 (土)

今でも時々LPを引っ張り出して聴くほどの愛聴盤。ついにSACD化され、その全貌を現しました。LPの奥行きや質感が見事に再現され、いやそれ以上と言った方が賢明か。オーボエやホルンの音色と言ったら、まるで60年代のムジークフェラインザールにタイムスリップしたかのようです。今のウィーン・フィルが失ってしまったものが、ここにはあります。そして何と言っても、このテンポ。遅すぎると感じる方もいらっしゃるでしょうが、私にとって理想のテンポです。DISKY盤は永眠ですね。

淳メーカー さん | 愛知県 | 不明

3
★
★
★
★
☆
本盤は1966年、バルビローリが67歳の頃VPO...

投稿日:2012/12/01 (土)

本盤は1966年、バルビローリが67歳の頃VPOと録ったブラームス交響曲全集の一環で私自身バルビローリの体質から一番向いててると思われた第4番は意見がいろいろあるようですが、遅めのテンポ(演奏タイム@14’06A12’49B7’30C11’24)でウィーン・フィルの音色を最大に活かした演奏です。ここでナヨナヨした泣き節が展開されることに最初は惹かれましたが果たしてこれでブラームス交響曲はもつのだろうか? という疑問が一方で沸いて来ました。この点は以前他の評者も触れられていますが何か「悪女の深情け」という体質感に話が及んできます。バルビローリの老獪な芸風でもありこれはこれでスタイルには間違いないのですが・・・・。バルビローリは1959年手兵ハレOを振ってこの交響曲第4番を収録(同@11’58A11’24B6’22C10’16)しており正直もうちょっと締まった感じでした。本盤「大学祝典序曲」(同11’30)もなかなかのもので高品質盤としてトータル的には「すばらしい」ランクとさせていただきます(タイムについては盤により多少異なる場合があります。)。

0

人物・団体紹介

人物・団体ページへ

ブラームス(1833-1897)

1833年:北ドイツのハンブルクでヨハネス・ブラームス誕生。 1843年:演奏会にピアニストとして出演。作曲家、ピアニストのマルクスゼンに師事。 1852年:ピアノ・ソナタ第2番が完成。 1853年:ピアノ・ソナタ第1番、ピアノ・ソナタ第3番が完成。 1854年:ピアノ三重奏曲第1番、シューマンの主題による変奏曲が完成。

プロフィール詳細へ

ブラームス(1833-1897)に関連するトピックス

交響曲 に関連する商品情報

おすすめの商品