CD

Violin Concerto: Hilary Hahn(Vn)Marriner / Asmf +stravinsky

ブラームス(1833-1897)

基本情報

ジャンル
:
カタログNo
:
SICC5
組み枚数
:
1
:
日本
フォーマット
:
CD

内容詳細

まだ20歳を過ぎたばかりなのに、早くも世界的ヴァイオリニストとして注目されているヒラリー・ハーン。ブラームスとストラヴィンスキーの協奏曲は今の彼女の実力を知る最適の選曲といえよう。(CDジャーナル データベースより)

収録曲   

総合評価

★
★
★
★
☆

4.0

★
★
★
★
★
 
9
★
★
★
★
☆
 
3
★
★
★
☆
☆
 
3
★
★
☆
☆
☆
 
2
★
☆
☆
☆
☆
 
0
★
★
★
★
★
理屈抜きに素晴らしいです。 音色、リズム...

投稿日:2017/02/25 (土)

理屈抜きに素晴らしいです。 音色、リズム、強弱全て完璧ではないでしょうか。特に1楽章終盤は、昇天してまい そうです。 まあ、無理に粗を見出すのでは無く、音楽に浸りたい。と言う方に最高の1枚です。

poo さん | 北海道 | 不明

1
★
★
★
☆
☆
まず何よりオケが冴えない。ブラームスの協...

投稿日:2013/06/11 (火)

まず何よりオケが冴えない。ブラームスの協奏曲ともなれば、ソロと互角以上に存在感を主張するオーケストラを期待したいところだが、これではただの「伴奏」に過ぎない。とは言えソロそのものは音色が非常に美しく、「ヒラリー・ハーンを聴きたい聴者」には充分にお薦め出来ると思う。ただヒラリー・ハーン女史はまだ若いせいか、音色に含蓄がなく、ブラームスの曲としてはやや物足りなさが残るのも事実だ。ストラヴィンスキーは他の演奏と聴き比べるほど好んで聴いていないので、感想は書けない。

司那夫金 さん | 所在地 | 不明

1
★
★
★
★
☆
バッハ、シベリウスなど実に素晴らしい演奏...

投稿日:2012/12/01 (土)

バッハ、シベリウスなど実に素晴らしい演奏であったことから、ブラームスの協奏曲には相当期待して聴いてみたが、少々がっかりした。上手いんだけどもっと引き締まった感じと重厚さが欲しかった(特に第3楽章)。オケはさすがマリナーだけあって、良い。

爺さん さん | 千葉県 | 不明

0

人物・団体紹介

人物・団体ページへ

ブラームス(1833-1897)

1833年:北ドイツのハンブルクでヨハネス・ブラームス誕生。 1843年:演奏会にピアニストとして出演。作曲家、ピアニストのマルクスゼンに師事。 1852年:ピアノ・ソナタ第2番が完成。 1853年:ピアノ・ソナタ第1番、ピアノ・ソナタ第3番が完成。 1854年:ピアノ三重奏曲第1番、シューマンの主題による変奏曲が完成。

プロフィール詳細へ

ブラームス(1833-1897)に関連するトピックス

協奏曲 に関連する商品情報

おすすめの商品