SACD

ブルックナー:交響曲第9番、ワーグナー:ジークフリート牧歌 ブルーノ・ワルター&コロンビア交響楽団

ブルックナー (1824-1896)

基本情報

ジャンル
:
カタログNo
:
SICC10357
組み枚数
:
1
:
日本
フォーマット
:
SACD
その他
:
ハイブリッド

商品説明


ブルーノ・ワルターの芸術・全ステレオ録音1957-1961[17]
ブルックナー:交響曲第9番、ワーグナー:ジークフリート牧歌


ブルーノ・ワルター[1876-1962]が最晩年の1957年〜61年にかけて残したステレオ録音は、彼の膨大なディスコグラフィの中でも最重要の演奏であり、長い音楽活動のさまざまな経験と深い洞察とが結実した、録音の「世界遺産」級の名盤ぞろい。特別に組織されたコロンビア交響楽団との緻密なリハーサルとセッションを積み重ね、音響効果の優れたアメリカン・リージョン・ホールで最新鋭の機材・技術で収録されたステレオ初期の名録音です。それらを1998年以来21年ぶりに新規リミックス&リマスターし、2020年度第58回「レコード・アカデミー賞」特別部門・特別賞を受賞した『ブルーノ・ワルター全ステレオ録音SA-CDハイブリッド・エディション』(全7巻・2019〜20年発売)からの分売です。
 交響曲第9番は第4番と並び、ワルターが最晩年にいたるまで演奏会で取り上げていたブルックナーの交響曲。この録音はワルターがロサンジェルス・フィルでこの曲を取り上げた3日後に、演奏に参加した楽員で組織されたコロンビア響で行われました。生涯6度目の録音となった『ジークフリート牧歌』での慈愛溢れる演奏も見事。(メーカー資料より)

【収録情報】
1. ブルックナー:交響曲第9番ニ短調 WAB109
(原典版、アルフレッド・オーレル校訂)
 録音時期:1959年11月16日(第1楽章)、18日(第2、3楽章)

2. ワーグナー:ジークフリート牧歌
 録音時期:1959年2月27日

 コロンビア交響楽団
 ブルーノ・ワルター(指揮)

 録音場所:ハリウッド、アメリカン・リージョン・ホール(在郷軍人会ホール)
 録音方式:ステレオ(アナログ/セッション)
 SACD Hybrid
 CD STEREO/ SACD STEREO

 [オリジナル・レコーディング]
 ジョン・マックルーア(プロデューサー)

 [オリジナル・アナログマスターテープからのトランスファー、DSDリマスタリング(2019年)]
 アンドレアス・K・マイヤー、ジェニファー・ナルセン(マイヤー・メディアLLC/ニューヨーク、スワン・スタジオ)

 日本独自企画 日本国内のみの発売 2019年DSDリマスター ジュエルケース仕様

収録曲   

  • 01. 交響曲 第9番 ニ短調 WAB109
  • 02. 交響曲 第9番 ニ短調 WAB109
  • 03. 交響曲 第9番 ニ短調 WAB109
  • 04. ジークフリート牧歌

ユーザーレビュー

総合評価

★
★
★
★
★

5.0

★
★
★
★
★
 
1
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0
★
★
★
★
★
交響曲第9番について・・・1959年コロムビ...

投稿日:2010/07/06 (火)

交響曲第9番について・・・1959年コロムビアSOとの引退宣言後の一連再収録、丁寧なテンポ運びで演奏タイムが@23’53A11’32B23’17というタイム・・・例えばNYPSOとの1953年?ライブでの@20’32A10’09B19’46とは随分異なっていることが分かっております。HMVレビューで制作者が書かれている様に私も学生時代1962年日本コロンビア製のLP国内盤でこの演奏を・・と言うよりブルックナー第九を初めて聴いた時の感動は忘れもしません。決してこのオーケストラは所謂重厚な音色ではなく録音のせいでもあり寧ろ少し甘ったるいサウンドは当時今よりもっと初心者だった私には分り易く更に曲そのものの厳しさが逆にマイルド化され・・・結局指揮者ワルターの「なせる業」と分かって来るのは後年他演奏の多くの盤を聴いた後のことでした。現在でも新規に購入する他盤を聴く時は本盤演奏とどうしても比較する「癖」がつくほど私にとっては甘さが特徴的ではありますが本曲演奏のスタンダードでありました。最高ランクにさせて下さい。(タイムについては盤により多少異なる場合があります。)

1

人物・団体紹介

人物・団体ページへ

ブルックナー (1824-1896)

1824年:オーストリアのアンスフェルデンでヨーゼフ・アントン・ブルックナー誕生。 1845年:聖フローリアン修道院の助教師に就任。 1856年:リンツ聖堂及び教区教会のオルガン奏者に就任。 1866年:交響曲第1番完成。 1868年:音楽大学の教授に就任。 1869年:交響曲第0番完成。 1872年:交響曲第2番完成。 1873年

プロフィール詳細へ

ブルックナー (1824-1896)に関連するトピックス

交響曲 に関連する商品情報

おすすめの商品