CD 輸入盤

交響曲第7番、第8番 ヘルビヒ&ザールブリュッケン放送交響楽団(2CD)

ブルックナー (1824-1896)

基本情報

ジャンル
:
カタログNo
:
PP50142011
組み枚数
:
2
レーベル
:
:
Europe
フォーマット
:
CD
その他
:
輸入盤

商品説明

ブルックナー:交響曲第7番、第8番(2CD)
ヘルビヒ&ザールブリュッケン放送交響楽団


ドイツの指揮者、ギュンター・ヘルビヒ[1931- ]はアーベントロートや、シェルヘン、アルヴィド・ヤンソンスに師事しており、の旧東独圏でキャリアをスタート、1980年代なかばからは英米圏を中心に世界的に活躍。来日公演も多く、コンサート・ファンにはおなじみの名指揮者です。
 当アルバムのブルックナーは、ヘルビヒがザールブリュッケン放送交響楽団の音楽監督だった時代の2002年にライヴ収録されたものです。現在はドイツ放送フィルと名称変更したこのオーケストラは、スクロヴァチェフスキのもとで、聴きごたえあるブルックナー演奏をおこなっていただけに、ヘルビヒとの演奏にも期待のもてるところです。(HMV)

【収録情報】
CD1
・ブルックナー:交響曲第7番ホ長調(1885年ノヴァーク版)
CD2
・ブルックナー:交響曲第8番ハ短調(1887/90年ハース版)

 ザールブリュッケン放送交響楽団(現ザールブリュッケン・カイザースラウテルン・ドイツ放送フィルハーモニー管弦楽団)
 ギュンター・ヘルビヒ(指揮)

 録音時期:2002年9月13日(CD1)、6月23日(CD2)
 録音場所:ザールブリュッケン、コングレスハレ
 録音方式:デジタル(ライヴ)

収録曲   

ディスク   1

  • 01. Bruckner: Symphony No. 7: I. Allegro moderato (20:31)
  • 02. II. Adagio (21:38)
  • 03. III. Scherzo (09:37)
  • 04. IV. Finale (14:11)

ディスク   2

  • 01. Symphony No. 8: I. Allegro moderato (14:58)
  • 02. II. Scherzo. Allegro moderato - Trio (13:37)
  • 03. III. Adagio (25:03)
  • 04. IV. Finale (23:09)

ユーザーレビュー

総合評価

★
★
★
★
★

4.5

★
★
★
★
★
 
2
★
★
★
★
☆
 
1
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0
★
★
★
★
☆
ヘルビヒさんの珍しいライヴ。これまでのイ...

投稿日:2014/05/08 (木)

ヘルビヒさんの珍しいライヴ。これまでのイメージではドイツの地味な中堅どころ、という感じでありましょう。ま、それはそれで間違いでもありますまい。この大曲2曲のアルバムも、やはり特にそういう線から(大きく)はみ出すものではありません。但し、手堅くまとめながらも、ライヴならでは(?)の緩急の変化や高揚もあって、なかなかの面白い演奏であります。オケは地力がありますのでしっかりした技量を示していますが、これまたライヴならでは(?)の仕上がりの粗さはありまして、各セクションのズレはあります。ま、それは感興に乗りすぎたヘルビヒさんのせいかもしれませんし、また特にキズと言うほどではありません。個人的には第7番の方がよいかと思いました。抒情交響曲としての特徴がよく活かされているでしょう。第8番はやはり曲の包含する想念が巨大なので、いささか盛り込み不足ではありましょうかなぁ。トータル、中堅どころの敢闘賞といふところかなあ。名演とまではいかなかったように思います。但し、ここまでの感想は、一見低そうに見えても、悪い意味で言っているのではありません。ヨーロッパ楽界の裾野の広さ・奥深さはこういう方々の演奏を聴くと痛感しますね。基本はハイ・アベレージなのですよ。何気にこのくらいのクラスの人たちが諸所にいるのですな。やっぱりそれはスゴイことですよ。録音は優秀。

ほんず内閣総理大臣 さん | 北海道 | 不明

0
★
★
★
★
★
試しに購入してみたのですが、なかなか味が...

投稿日:2012/11/28 (水)

試しに購入してみたのですが、なかなか味がある。時々取り出して聴きたくなりそうな味わい深い演奏です。

めいちゃん さん | 山形県 | 不明

2
★
★
★
★
★
あまり期待せず安かったので買ってみました...

投稿日:2012/05/23 (水)

あまり期待せず安かったので買ってみましたが実にいい演奏でした。もちろんこれよりインパクトの強い演奏、迫力ある演奏はかなりありますがこれは素朴な味わいがあります。テンポは遅すぎず速すぎず安定しているし、響きも派手さは無いが、金管もよく鳴っている。ちょっとのんびりした所がいい。落ち葉降る秋の夕方の林のなかをゆっくり散歩しているような味わいがありますね。

まっこ さん | 千葉県 | 不明

2

人物・団体紹介

人物・団体ページへ

ブルックナー (1824-1896)

1824年:オーストリアのアンスフェルデンでヨーゼフ・アントン・ブルックナー誕生。 1845年:聖フローリアン修道院の助教師に就任。 1856年:リンツ聖堂及び教区教会のオルガン奏者に就任。 1866年:交響曲第1番完成。 1868年:音楽大学の教授に就任。 1869年:交響曲第0番完成。 1872年:交響曲第2番完成。 1873年

プロフィール詳細へ

ブルックナー (1824-1896)に関連するトピックス

交響曲 に関連する商品情報

おすすめの商品