CD

交響曲第7番 朝比奈隆&大阪フィル(フローリアン大聖堂 1975年ライヴ)

ブルックナー (1824-1896)

基本情報

ジャンル
:
カタログNo
:
VDC1214
組み枚数
:
1
:
日本
フォーマット
:
CD

商品説明

ブルックナー:交響曲第7番
朝比奈隆&大阪フィル

今から30年ほど前に、日本を代表する名指揮者、朝比奈隆が手兵のオーケストラ、大阪フィルとヨーロッパ・ツアーをおこなった際に、ブルックナーの聖地として名高いリンツのザンクト・フローリアン大聖堂を訪れ、日頃のブルックナーへの取り組みの成果を、地下に眠る作曲者に捧げるべくおこなった演奏会の貴重な記録。
 大聖堂ならではの深々とした残響の中にゆったり繰り広げられる演奏は無類の美しさを備えており、特に第2楽章アダージョの深い情感を湛えた柔らかい響きには癒されること請け合いです。偶然とはいえ、アダージョ終了後、遠くから教会の鐘の音が聞こえてくるなどライヴならではの臨場感も最高。
 ハース版を使用し、一部に改訂版を参照したテンポ変更なども採り入れたこの演奏、聴衆のひとりとして会場にいたレオポルト・ノーヴァク博士が、終演後楽屋を訪れ、絶賛したエピソードでも知られており、また、初の奉納演奏となったこの朝比奈隆のコンサートの成功を受け、以後、同地での奉納演奏が定着、カラヤンやアイヒホルン、チェリビダッケ、ブーレーズなどが登場することとなったのは有名な話です。

【収録情報】
ブルックナー:交響曲第7番ホ長調 WAB107
 大阪フィルハーモニー交響楽団
 朝比奈隆(指揮)

 録音時期:1975年10月12日(ステレオ)
 録音場所:リンツ、聖フローリアン大聖堂、マルモアザール

内容詳細

作曲者ゆかりの地、聖フロリアンでのライヴ。これはとてつもなく美しい。長い長い夢のような残響をともなって、ものすごくゆったりと奏される。その場の雰囲気に触発されてか、指揮者とオケともども神がかりのように光り輝いている。奇跡の1枚。(林)(CDジャーナル データベースより)

収録曲   

総合評価

★
★
★
★
★

5.0

★
★
★
★
★
 
37
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
1
★
★
☆
☆
☆
 
1
★
☆
☆
☆
☆
 
1
★
★
★
★
★
クラシックを聞き出してから比較的早い時期...

投稿日:2021/11/19 (金)

クラシックを聞き出してから比較的早い時期からブルックナーを聞いてましたが、なんとなく。それがこのライブを聞いてブルックナーに目覚めました。それ以後この演奏は何度聞いたかしれません。これ以後ブルックナーの世界に入り込んでいます。そう、日本のオケでもここまでできるんだと。 素晴らしいに尽きる。 

nick fald II さん | 静岡県 | 不明

0
★
★
★
★
★
朝比奈/大フィルのブルックナーは評判が良...

投稿日:2021/03/07 (日)

朝比奈/大フィルのブルックナーは評判が良いがどこかもさっとしており、個人的には苦手です。それでもこの7番と3番は好きだ。 特に本盤は教会の鐘の音が録音されていることや朝比奈さん著書「楽は堂に満ちて」に詳しいことから愛聴しております。

浜っ子 さん | 愛媛県 | 不明

0
★
★
★
★
★
LP時代に愛聴していたブルックナーの交響曲...

投稿日:2021/02/25 (木)

LP時代に愛聴していたブルックナーの交響曲第7番の名演です。シューリヒトの7番のCDは2種類持っていますが、LPのときの感動はありませんでした。朝比奈隆のこの演奏はLPと同等の音質で聞くことができ、感動を新たにしました。第一楽章終了後の拍手、第二楽章終了時の鐘の音色等、演奏会場にいるかのように感じます。弦の音色もとても綺麗です。

LFA さん | 千葉県 | 不明

0

人物・団体紹介

人物・団体ページへ

ブルックナー (1824-1896)

1824年:オーストリアのアンスフェルデンでヨーゼフ・アントン・ブルックナー誕生。 1845年:聖フローリアン修道院の助教師に就任。 1856年:リンツ聖堂及び教区教会のオルガン奏者に就任。 1866年:交響曲第1番完成。 1868年:音楽大学の教授に就任。 1869年:交響曲第0番完成。 1872年:交響曲第2番完成。 1873年

プロフィール詳細へ

ブルックナー (1824-1896)に関連するトピックス

交響曲 に関連する商品情報

おすすめの商品

この商品が登録されてる公開中の欲しい物リスト