プロコフィエフ(1891-1953)

人物・団体ページへ

CD 輸入盤

ピアノ協奏曲全集 トラーゼ(p)ゲルギエフ&キーロフ歌劇場管弦楽団(2CD)

プロコフィエフ(1891-1953)

基本情報

ジャンル
:
カタログNo
:
462048
組み枚数
:
2
レーベル
:
:
International
フォーマット
:
CD

商品説明

 

収録曲   

クラシック曲目

すべての収録曲を見る

  • Sergei Prokofiev (1891 - 1953)
    Concerto for Piano no 1 in D flat major, Op. 10
    演奏者 :
    Toradze, Alexander (Piano)
    指揮者 :
    Gergiev, Valery
    楽団  :
    Kirov Theater Orchestra
    • 時代 : 20th Century
    • 形式 : Concerto
    • 作曲/編集場所 : 1911-1912, Russia
    • 言語 :
    • 時間 : :
    • 録音場所 : , [Studio]
  • Sergei Prokofiev (1891 - 1953)
    Concerto for Piano no 3 in C major, Op. 26
    演奏者 :

    指揮者 :

    楽団  :

    • 時代 : 20th Century
    • 形式 : Concerto
    • 作曲/編集場所 : 1917-1921, USA
    • 言語 :
    • 時間 : :
    • 録音場所 : , [Studio]

総合評価

★
★
★
★
★

4.5

★
★
★
★
★
 
2
★
★
★
★
☆
 
1
★
★
★
☆
☆
 
1
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0
★
★
★
★
★
トラーゼのピアノ、ゲルギエフの伴奏ともに...

投稿日:2013/03/01 (金)

トラーゼのピアノ、ゲルギエフの伴奏ともに壮絶な名演奏だと思います。プロコフィエフのコンチェルトに何を求めるかによって、演奏から受ける印象は変わってしまうと思います。私の場合は、旋律を奏でることができる打楽器としてのピアノを独奏とする協奏曲という捉え方をしているので、当演奏はまさに理想的なのであります。有名な3番は勿論、2番、4番、5番こそ真骨頂ですね。ベロフ盤とともに愛聴盤です。

淳メーカー さん | 愛知県 | 不明

2
★
★
★
☆
☆
トラーゼ、なんとも空虚な超絶技巧。あまり...

投稿日:2012/09/12 (水)

トラーゼ、なんとも空虚な超絶技巧。あまりにも味も素っ気も無く弾き切ってしまう。そこだけが売りのCD。聴いた後何の感慨も残らなかった。乾いた演奏。

silver さん | 東京都 | 不明

0
★
★
★
★
☆
トラーゼは、昔N響に出演したときに生で聴...

投稿日:2008/03/05 (水)

トラーゼは、昔N響に出演したときに生で聴いたが、実に凄腕。演奏の凄さと、飄々としたステージマナーのギャップが微笑ましく、一発でファンになってしまった。一見「酒場で飲んでる普通のオヤジ」みたいだが・・・ この盤以外にめぼしい録音がないのが非常に残念である。

にゃおにゃお金 さん | 市川市 | 不明

1

プロコフィエフ(1891-1953)に関連するトピックス

協奏曲 に関連する商品情報

おすすめの商品

HMV&BOOKS onlineレコメンド