SACD 輸入盤

オラトリオ『サムソン』 マギーガン&ゲッティンゲン祝祭管弦楽団(3SACD)

ヘンデル(1685-1759)

基本情報

ジャンル
:
カタログNo
:
83425
組み枚数
:
3
レーベル
:
:
Europe
フォーマット
:
SACD
その他
:
ハイブリッド,輸入盤

商品説明

【収録情報】
・ヘンデル:オラトリオ『サムソン』
 トーマス・コーレイ
 ソフィー・デインマン
 フランツィスカ・ゴットヴァルト
 ウィリアム・ベルガー
 ヴォルフ・マティアス・フリードリヒ
 NDR合唱団
 ゲッティンゲン祝祭管弦楽団
 ニコラス・マギーガン(指揮)

 2008年6月、ドレスデンでのライヴ録音
 SACD Hybrid
 CD STEREO/ SACD STEREO/ SACD SURROUND

収録曲   

クラシック曲目

すべての収録曲を見る

  • George Frideric Handel (1685 - 1759)
    Samson, HWV 57: Act 1. Symphony
    演奏者 :

    指揮者 :
    McGegan, Nicholas
    楽団  :
    Gottingen Festival Orchestra
    • 時代 : Baroque
    • 形式 : Oratorio
    • 作曲/編集場所 : by 1743, London, England
    • 言語 :
    • 時間 : 4:30
    • 録音場所 : , []
  • George Frideric Handel (1685 - 1759)
    Samson, HWV 57: Act 1. Menuet
    演奏者 :

    指揮者 :

    楽団  :

    • 時代 : Baroque
    • 形式 : Oratorio
    • 作曲/編集場所 : by 1743, London, England
    • 言語 :
    • 時間 : 2:2
    • 録音場所 : , []

ユーザーレビュー

総合評価

★
★
★
★
★

5.0

★
★
★
★
★
 
1
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0
★
★
★
★
★
この曲にはリヒターの名盤があるが、今は古...

投稿日:2010/11/11 (木)

この曲にはリヒターの名盤があるが、今は古楽の時代で、いささかスタイルが古くなってしまった。ということで、現在この曲のベストCDはこのマギーガン盤だろう。繊細で透明な弦から壮麗な合唱まで実に素晴らしい。ソリストではやはりソプラノのデインマンが最高だ!この曲は本来三人のソプラノを必要としているが、ライヴにも関わらず、三人分を彼女一人で歌っている。こうして聴き比べると、やはりコロラトゥーラ的な曲より、第二幕のデリラがやはり一番素晴らしい。それにしても未だかつて、こんなに可憐で愛らしく、しかも表現力豊かなソプラノが存在しただろうか?

絢音 さん | 千葉県 | 不明

0

ヘンデル(1685-1759)に関連するトピックス

古楽 に関連する商品情報

おすすめの商品