ベルリオーズ(1803-1869)

人物・団体ページへ

SACD 輸入盤

幻想交響曲、序曲『ウェイヴァリー』 ゲルギエフ&ロンドン交響楽団(+ブルーレイ・オーディオ)

ベルリオーズ(1803-1869)

基本情報

ジャンル
:
カタログNo
:
LSO0757
組み枚数
:
2
レーベル
:
フォーマット
:
SACD
その他
:
輸入盤

商品説明



ベルリオーズ:幻想交響曲、序曲『ウェイヴァリー』
ゲルギエフ&ロンドン交響楽団(SACD+ブルーレイ・オーディオ)
『幻想交響曲』全曲演奏のライヴ映像も丸ごと収録!


ゲルギエフがロンドン響を指揮して、あらたにベルリオーズのシリーズをスタート。第1弾の『幻想交響曲』と序曲『ウェイヴァリー』は、2013年の秋、当コンビがシーズンの目玉に掲げたベルリオーズ・プロジェクトにおける公演の模様をライヴ収録したものです。ゲルギエフ2度目の『幻想交響曲』は、ウィーン・フィルを指揮した当時のフィリップスへのセッション・レコーディングが2003年でしたので、このたびは10年ぶりの再録音ということになります。
 よく知られる通り、ベルリオーズはロンドン響にとって、この作曲家のエキスパート、サー・コリン・デイヴィスのもとで半世紀以上に亘って共に取り組んできた、もっとも得意とするレパートリーのひとつ。膨大なディスコグラフィを構築する過程で、デイヴィス指揮でロンドン響は『幻想交響曲』について、2度もレコーディング(1963年セッション、2000年ライヴ)を果たすほどで、演奏内容はその音楽語法を体得してきた自負を感じさせる説得力の強いものでした。
 ちなみに、ロンドン響はこの間、1967年にブーレーズ、1975&76年にプレヴィン、1977年にパイタ、1988年にフレモー、1989年にスクロヴァチェフスキと、じつにさまざまな指揮者とも『幻想交響曲』のいくつもの個性的な演奏を生み出してもいました。
 こうした背景を踏まえると、ここでのロンドン響との顔合わせはたいへん意味あるところで、いつにもましてゲルギエフにとって、おおきな強みといえそうですが、ゲルギエフもまた、ベルリオーズに傾ける情熱にかけてはかなりのものがあります。
 公演に先立って行われたインタビューでゲルギエフは、ベルリオーズの音楽の魅力について熱っぽく次のように語っています。
「ベルリオーズの響きはとても現代的で、とても新鮮で予測不可能なものなのです。書法は独自のスタイルで貫かれています。それこそがいつもわたしをベルリオーズに惹きつけてやまないのです。」
 ゲルギエフとロンドン響によるベルリオーズ・プロジェクトは、実質的には10月31日から11月17日までの2週間半と短期間ながら、本拠バービカン8公演と、ヨーロッパ・ツアーを併せた全13公演が組まれ、当アルバムの2作品のほかにも、『イタリアのハロルド』、『ファウストの劫罰』、『ロメオとジュリエット』、歌曲集『夏の夜』、カンタータ『クレオパトラの死』、『ベンヴェヌート・チェッリーニ』序曲といった主要な作品が網羅的に演奏される大がかりで本格的なものでした。
 本レコーディングに際して、ゲルギエフ自身は2013年5月に、もうひとつの手兵マリインスキー劇場管を指揮して『幻想交響曲』を演奏してもいましたし、ロンドン響とは『幻想交響曲』と序曲『ウェイヴァリー』を11月8日にブルノ、9日にザンクト・ペルテン、10日にエッセン、16日にパリのサル・プレイエルでも取り上げていたことから、実演でのプログラムと並行して演奏内容を検証しつつ、集中してその解釈を掘り下げる機会にも恵まれていたとおもわれます。
 『幻想交響曲』の演奏時間について。ウィーン・フィル盤との比較では、ロンドン響新盤は第1、第4楽章のすべての反復を実行して10分以上長くなっています。このあたりにもゲルギエフの細部の情報に対するこだわりが垣間見えて、より踏み込んだアプローチを期待出来そうです。

なお、当アルバムでは「LSO Live」初の試みとして、従来のSACDハイブリッド盤に加えて、同一の演奏内容を収めたピュア・オーディオ・ブルーレイ・ディスクが同梱されます。お手持ちのブルーレイ・ディスク・プレーヤーで手軽に楽しめるハイスペックのフォーマットへの対応は、かねてよりオーディオ・ファイルからの要望も高かったのでなんとも嬉しい配慮といえるでしょう。
 さらにボーナス映像として、ブルーレイ・ディスクのビデオ・パートには、本拠バービカンにおける11月14日分の『幻想交響曲』の全曲演奏が丸ごと収められ、まさに至れり尽くせりの仕様となっております。(キングインターナショナル)

【収録情報】
ベルリオーズ:
● 序曲『ウェイヴァリー』 op.1
● 幻想交響曲 op.14

 ロンドン交響楽団
 ワレリー・ゲルギエフ(指揮)

 録音時期:2013年10月31日、11月14日
 録音場所:ロンドン、バービカン・ホール
 録音方式:ステレオ(DSD/ライヴ)
 プロデューサー:ジェイムズ・マリンソン
 エンジニアリング、ミキシング&マスタリング:ジョナサン・ストークス
 SACD Hybrid
 CD STEREO/ SACD STEREO/ SACD SURROUND

【Pure Audio Blu ray】
 5.1 DTS-HD Master Audio (24bit/192kHz), 2.0 LPCM (24bit/192kHz)
 特典映像 : ベルリオーズ:幻想交響曲 op.14(全曲演奏)
 収録:2013年11月14日/ロンドン、バービカン・ホール(ライヴ)

【ゲルギエフの『幻想』 トラックタイム比較】
・ロンドン交響楽団(2013年) I. 16:04/ II. 6:50/ III. 16:03/ IV. 6:51/ V. 9:48 = 60:29(実測値)
・ウィーン・フィル(2003年) I. 13:57/ II. 6:31/ III. 15:03/ IV. 4:50/ V. 9:25 = 49:46

収録曲   

ディスク   1

  • 01. Rveries - Passions
  • 02. Un Bal
  • 03. Scne Aux Champs
  • 04. Marche Au Supplice
  • 05. Songe D'une Nuit Du Sabbat
  • 06. Waverley Overture, Op. 1

ディスク   2

  • 01. Rveries - Passions
  • 02. Un Bal
  • 03. Scne Aux Champs
  • 04. Marche Au Supplice
  • 05. Songe D'une Nuit Du Sabbat
  • 06. Waverley Overture, Op. 1

ユーザーレビュー

総合評価

★
★
★
★
★

5.0

★
★
★
★
★
 
1
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0
★
★
★
★
★
CD層のみのレビュー。くすんだ色彩感(決...

投稿日:2015/04/18 (土)

CD層のみのレビュー。くすんだ色彩感(決してモノクロな感じではない)が独特で、演奏の密度も濃い。個人的にとても惹かれる演奏&録音です。くすんだ感じの音響が、オーケストラの各楽器の音色にいい味を加えていて、「あのくすんだ色彩感、密度の濃い幻想の演奏が聴きたい!」という欲求が出て、僕は癖になりました。いろいろな幻想を気分によって聴き分けることになると思いますが、今のところこればかり聴いています。ちなみに録音レベルがかなり低いので、ボリューム調整はそのつもりで。かといってダイナミックレンジが広すぎるわけでもないので、普通車ならカーステレオでも問題なく聴けると思います。

アマリリスA さん | 京都府 | 不明

1

ベルリオーズ(1803-1869)に関連するトピックス

交響曲 に関連する商品情報

おすすめの商品