ベートーヴェン(1770-1827)

人物・団体ページへ

CD 輸入盤

ベートーヴェン:交響曲第3番『英雄』、シューベルト:『ロザムンデ』より モントゥー&ウィーン・フィル

ベートーヴェン(1770-1827)

基本情報

ジャンル
:
カタログNo
:
ARPCD0463
組み枚数
:
1
レーベル
:
:
Europe
フォーマット
:
CD
その他
:
輸入盤

商品説明

モントゥー&ウィーン・フィル/ベートーヴェン&シューベルト

【収録情報】
・ベートーヴェン:交響曲第3番『英雄』
 録音:1957年11,12月、ウィーン(ステレオ)
・シューベルト:『ロザムンデ』op.26より
 録音:1957年11月25,28日、ウィーン(ステレオ)

 ウィーン・フィルハーモニー管弦楽団
 ピエール・モントゥー(指揮)

収録曲   

  • 01. Symphony No. 3 in E Flat Major, Op. 55 'Eroica'
  • 02. Overture
  • 03. Ballet Music No. 1
  • 04. Ballet Music No. 2

ユーザーレビュー

総合評価

★
★
★
★
★

5.0

★
★
★
★
★
 
1
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0
★
★
★
★
★
CDの表記では、ADD MONO 24bit・96&#1320...

投稿日:2021/03/15 (月)

CDの表記では、ADD MONO 24bit・96㎑ と書かれているが、実際に聞いてみるとステレオの演奏である。有名なコンセルトヘボウ盤と比較するとウイーン盤のほうが柔らかみがあり聞きやすく美しい音色の名演となっている。個人的にはウイーン盤を採る。コンセルトヘボウ盤は、フィリップス盤とデッカ盤があるが、デッカ盤のほうが良い音質となっている。

LFA さん | 千葉県 | 不明

0

人物・団体紹介

人物・団体ページへ

ベートーヴェン(1770-1827)

1770年12月17日(16日?):父ヨハン、母マリアの次男としてドイツのボンに誕生。 1778年:7歳でケルンでの演奏会に出演。 1781(1782?)年:クリスティアン・ゴットロープ・ネーフェに師事。 1800年:交響曲第1番を宮廷劇場で指揮。 1804年:交響曲第3番『英雄』を発表。 1805年:交響曲第5番『運命』、交響曲

プロフィール詳細へ

ベートーヴェン(1770-1827)に関連するトピックス

交響曲 に関連する商品情報

おすすめの商品