ベートーヴェン(1770-1827)

人物・団体ページへ

CD 輸入盤

ヴァイオリン協奏曲、ロマンス第1番、第2番、他 ジェイムズ・エーネス、アンドルー・マンゼ&ロイヤル・リヴァプール・フィル

ベートーヴェン(1770-1827)

基本情報

ジャンル
:
カタログNo
:
ONYX4167
組み枚数
:
1
レーベル
:
フォーマット
:
CD
その他
:
輸入盤

商品説明


カナダの天才ジェイムズ・エーネス
アンドルー・マンゼ&RLPOとのベートーヴェン!


カナダが誇る天才ヴァイオリニスト、ジェイムズ・エーネス!
『クロイツェル・ソナタ』に続くベートーヴェン・アルバムは、ヴァイオリン協奏曲が登場!

「地球上に存在する完璧なヴァイオリニストの1人」(英デイリー・テレグラフ紙)など圧倒的評価を受けているカナダのヴィルトゥオーゾ・ヴァイオリニスト、ジェイムズ・エーネス。
 2017年3月に発売され高く評価されたベートーヴェンの『クロイツェル・ソナタ』に続くエーネスのベートーヴェン・アルバムは、古典派〜ロマン派を中心に幅広いコンチェルト・レパートリーを持つエーネスにとって、意外にも初の録音となるベートーヴェンのヴァイオリン協奏曲。アンドルー・マンゼとロイヤル・リヴァプール・フィルという完璧な布陣を敷いて、ヴァイオリニストにとって最高の挑戦となるベートーヴェンの傑作コンチェルトを贈ります。(輸入元情報)

【収録情報】
● ベートーヴェン:ヴァイオリン協奏曲ニ長調 Op.61
● ベートーヴェン:ロマンス第1番ト長調 Op.40
● ベートーヴェン:ロマンス第2番ヘ長調 Op.50
● シューベルト:ロンド イ長調 D.438


 ジェイムズ・エーネス(ヴァイオリン)
 ロイヤル・リヴァプール・フィルハーモニー管弦楽団
 アンドルー・マンゼ(指揮)

 録音方式:ステレオ(デジタル)

収録曲   

  • 01. Violin Concerto, Op. 61: I. Allegro ma non troppo by James Ehnes (Sample) 0:00 / 0:30
  • 02. Violin Concerto, Op. 61: I. Allegro ma non troppo 23:24
  • 03. Violin Concerto, Op. 61: II. Larghetto 9:40
  • 04. Violin Concerto, Op. 61: III. Rondo 9:52
  • 05. Romance in G Major, Op. 40 6:40
  • 06. Romance in F Major, Op. 50 8:08
  • 07. Rondo in A Major, D. 951 13:33

ユーザーレビュー

総合評価

★
★
★
★
★

5.0

★
★
★
★
★
 
1
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0
★
★
★
★
★
 このエーネスというヴァイオリニスト、最...

投稿日:2018/04/19 (木)

 このエーネスというヴァイオリニスト、最近ときどきNHKでみかけるが、とても上手だ。数多いるヴァイオリニストのなかでも、きわめて高い技術を持っている一人だろう。そのエーネスの奏でるベートーヴェンは、技術を誇示するでもなく、もったいつけたものでもなく、とてもストレートな表現で、謙虚な演奏に聴こえる。そこに何より好感を持ちます。 殊に、繰り返し聴くことが前提になるCDという媒体において、このスタイルは後から後から味わいが深くなっていくことだろう。あえて大括りに言えば、往年のシェリングの録音スタイルに近いかもしれない。音にするだけではつまらなくなってしまうベートーヴェンのコンチェルトをこのスタイルで聴かせるのは、相当至難ではないかと思うが、高い水準で実現しているのでは。文句なしの美音の持ち主で、弓を押し付けすぎてしまう演奏家にはとても出せないような音だ(著名なヴァイオリニストでも、圧のかけすぎで音をつぶしてしまっている人は、実はいくらでもいるように思う)。 明るめの音色も、この曲にあっていると思います。この曲で、ああ、いいなと思って聴ける新録音を久しぶりに聴いた。マンゼはあまり自らを前面に出さず、エーネスのスタイルに寄り添っているように感じました。 エーネスはすでに長いキャリアを持っているようだが、まだ若く、これから先がますます楽しみです。

Amadeo さん | 神奈川県 | 不明

6

人物・団体紹介

人物・団体ページへ

ベートーヴェン(1770-1827)

1770年12月17日(16日?):父ヨハン、母マリアの次男としてドイツのボンに誕生。 1778年:7歳でケルンでの演奏会に出演。 1781(1782?)年:クリスティアン・ゴットロープ・ネーフェに師事。 1800年:交響曲第1番を宮廷劇場で指揮。 1804年:交響曲第3番『英雄』を発表。 1805年:交響曲第5番『運命』、交響曲

プロフィール詳細へ

ベートーヴェン(1770-1827)に関連するトピックス

協奏曲 に関連する商品情報

おすすめの商品