ベートーヴェン(1770-1827)

人物・団体ページへ

CD

交響曲全集、序曲集 カラヤン&ベルリン・フィル(1970年代)(6CD)

ベートーヴェン(1770-1827)

基本情報

ジャンル
:
カタログNo
:
UCCG9049
組み枚数
:
5
:
日本
フォーマット
:
CD

商品説明

《ベートーヴェン/交響曲全集》
CD 1
@交響曲 第1番 ハ長調 作品21
A交響曲 第3番 変ホ長調 作品55《英雄》
CD 2
B交響曲 第2番 ニ長調 作品36
C交響曲 第4番 変ロ長調 作品60
CD 3
D交響曲 第5番 ハ短調 作品67《運命》
E交響曲 第6番 ヘ長調 作品68《田園》
CD 4
F交響曲 第7番 イ長調 作品92
G交響曲 第8番 ヘ長調 作品93
CD 5
H交響曲 第9番 ニ短調 作品125《合唱》

H)アンナ・トモワ=シントウ(ソプラノ)
アグネス・バルツァ(アルト)
ペーター・シュライアー(テノール)
ホセ・ヴァン・ダム(バス)
ウィーン楽友協会合唱団
ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団
指揮:ヘルベルト・フォン・カラヤン
録音:1975年1月、1976年5月、9月、10月、12月、1977年1月−3月 ベルリン
限定盤

●カラヤン/ベルリン・フィルハーモニーの黄金コンビにより1975〜77年に録音されたものです。このコンビで全集を3回録音していますが、この演奏は2度目のもので、極めて高い完成度をもったカラヤン最円熟期の名盤として知られています。

収録曲   

総合評価

★
★
★
★
★

5.0

★
★
★
★
★
 
7
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0
★
★
★
★
★
カラヤンの正規のベートーヴェン全種録音中...

投稿日:2021/02/24 (水)

カラヤンの正規のベートーヴェン全種録音中では最もカラヤン美学が徹底された録音。9番の独唱陣も素晴らしい。宇野等に酷評されていたカラヤンのベートーヴェンだが、古楽奏法全盛の今日ではカラヤンの演奏も重厚なドイツの伝統にも連なる面もあるように感ぜられる。SACDシングルレイヤー化は有難いが、当全集がLP発売時には特典として英独2か国語での「カラヤン新ベートーヴェン交響曲全集を語る」インタビューレコードが付いていた。SACD全集で発売されるのだから、通常CDで良いのでインタビューCDも添付して、対訳を掲載して頂けたら更に購入価値も増したのに甚だ残念である。

トロ さん | 不明 | 不明

2
★
★
★
★
★
田園の嵐が機関銃みたいで怖い。

投稿日:2019/02/05 (火)

田園の嵐が機関銃みたいで怖い。

57さい さん | 北海道 | 不明

1
★
★
★
★
★
とにかく驚いた。カラヤンの名盤がハイレゾ...

投稿日:2018/12/15 (土)

とにかく驚いた。カラヤンの名盤がハイレゾ、サラウンドで聴ける時代が来るなんて・・・。それだけでも感動ものなのに、何と余計なCDがついていない。今後メーカー各社さんもブルーレイディスク単品で出して欲しい。そして価格を少しでも抑えて欲しい。’60-‘70年代のカラヤンDGシリーズ、ブルーレイ+サラウンドで出ないものだろうか。カラヤンのチャイコフスキー、ブラームスなどはSACDで持っているがこれはステレオ。サラウンドとは全然違う。ステレオ音源でもAVアンプで疑似サラウンドのようなものは作り出せ、これはこれで雰囲気はあるが、やはり音の分離に乏しい。 ハイレゾ、5.1サラウンド聴くこのディスクの中身、かつて耳にしたことがないようなフィルハーモニーホールの響きだった。今まで何を聴いていたのだろう。とにかく素晴らしい。

ゆっきー さん | 千葉県 | 不明

11

人物・団体紹介

人物・団体ページへ

ベートーヴェン(1770-1827)

1770年12月17日(16日?):父ヨハン、母マリアの次男としてドイツのボンに誕生。 1778年:7歳でケルンでの演奏会に出演。 1781(1782?)年:クリスティアン・ゴットロープ・ネーフェに師事。 1800年:交響曲第1番を宮廷劇場で指揮。 1804年:交響曲第3番『英雄』を発表。 1805年:交響曲第5番『運命』、交響曲

プロフィール詳細へ

ベートーヴェン(1770-1827)に関連するトピックス

交響曲 に関連する商品情報

おすすめの商品