ベートーヴェン(1770-1827)

人物・団体ページへ

CD 輸入盤

交響曲全集 クリップス&ロンドン交響楽団(5CD)

ベートーヴェン(1770-1827)

基本情報

ジャンル
:
カタログNo
:
MR2240
組み枚数
:
5
レーベル
:
:
Europe
フォーマット
:
CD
その他
:
輸入盤

商品説明

ベートーヴェン交響曲全集
クリップス&ロンドン交響楽団


1960年ステレオ録音。ヨーゼフ・クリップス[1902-1974]はウィーンに生まれワインガルトナーに師事した往年の名指揮者で、モーツァルトの演奏には定評がありました。
 ロンドン交響楽団を指揮したベートーヴェンの交響曲全集は、エヴェレスト・レーベルによってロンドンのウォルサムストウ・アセンブリー・ホールでセッション・レコーディングされたもので、快適なテンポと地味ながらも着実に仕上げられた演奏はなかなか魅力的です。

 今回は、マスターテープに限りなく近い状態のテープから復刻されたものということなので、この全集本来のサウンドが期待できるものと思われます。(HMV)

【収録情報】
ベートーヴェン:交響曲全集
・交響曲第1番ハ長調 op.21 [25:45]
・交響曲第2番ニ長調 op.36 [33:53]
・交響曲第3番変ホ長調 op.55『英雄』[45:12]
・交響曲第4番変ロ長調 op.60 [31:12]
・交響曲第5番ハ短調 op.67『運命』[31:22]
・交響曲第6番ヘ長調 op.68『田園』[44:01]
・交響曲第7番イ長調 op.92 [35:43]
・交響曲第8番ヘ長調 op.93 [27:13]
・交響曲第9番ニ短調 op.125『合唱』[65:13]

 ジェニファー・ヴィヴィアン(ソプラノ)
 シャーリー・ヴァーレット(メゾ・ソプラノ)
 ルドルフ・ペトラーク(テノール)
 ドナルド・ベル(バリトン)
 BBC合唱団
 レスリー・ウッドゲート(合唱指揮)
 ロンドン交響楽団
 ヨーゼフ・クリップス(指揮)

 録音時期:1960年1月
 録音場所:ロンドン、ウォルサムストウ・アセンブリー・ホール
 録音方式:ステレオ(アナログ/セッション)
 音源:EVEREST



こちらの商品は海外工場プレスの輸入盤のため、ご利用の再生機器によっては、稀に正しく再生されない場合がございます。
恐れ入りますが、その場合は弊社カスタマーサービスまでお問合わせいただきますようお願い致します。

総合評価

★
★
★
★
★

4.5

★
★
★
★
★
 
7
★
★
★
★
☆
 
3
★
★
★
☆
☆
 
1
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0
★
★
★
★
★
いくつかのレーベルで再発売されてきた音源...

投稿日:2013/08/31 (土)

いくつかのレーベルで再発売されてきた音源なので、メモリーズ盤の音質が気になるところ。缶入りは最悪でしたが、こちらは買って正解でした。 メモリーズは過剰なノイズカットや余計な残響付加をしない方針なので、この全集も癖のない素直な音が楽しめます。94年に出たエヴェレストのSBM盤も持っていますが、エヴェレスト盤は高音域にフィルターをかけてヒスノイズをカットしているため、若干こもり気味。 対してメモリーズ盤は、テープヒスはやや多めですが、高音域まで素直に伸びているため、ナチュラル感はエヴェレスト盤をしのぎます。一皮むけて鮮度が向上したような印象です。これでようやくクリップスの円熟した典雅な演奏の真価が分かると思います。こういう滋味あふれるベートーヴェンの演奏は、最近ではほとんど絶滅したようです。SACD盤で出たら再度買いたい全集ですね。

ROYCE さん | 神奈川県 | 不明

6
★
★
★
★
★
この指揮者の第九はフルトベングラーの次に...

投稿日:2013/08/11 (日)

この指揮者の第九はフルトベングラーの次に位置されるといっても過言ではない。 クレンペラー、ワルター、トスカニーニ、ライナーと同列である。 同じ時期にラトルを買ったが、途中で聞くのをやめた。 田園もよかった。録音は確かに60年代だが、この指揮者は本物である。 高校生の時にこの第九のレコードを聴いて感動したこととがある。 その後、有名誌の名盤はこれだ シリーズでまったく出てこなかったので、気に留めていなかったが、この演奏は素晴らしい。まったく、評論家の評価は当てにできないという代表の名盤である。

夏目 純一郎 さん | 埼玉県 | 不明

5
★
★
★
★
★
 ヴァンガードのSBM盤を持っているが、そ...

投稿日:2013/07/29 (月)

 ヴァンガードのSBM盤を持っているが、そちらの方がバランスの良い音質だと思う。今回はハイ上がりのきつい音になり残念、クリップスのおおらかさが半減というところ。  願わくば、エベレスト35ミリ磁気テープからDSDリマスターを行い、SACDでの発売を望む。それだけの価値のあるすばらしい演奏だと思う。  演奏だけなら満点、特に第1番はすばらしい。

C.G.A さん | 愛知県 | 不明

4

人物・団体紹介

人物・団体ページへ

ベートーヴェン(1770-1827)

1770年12月17日(16日?):父ヨハン、母マリアの次男としてドイツのボンに誕生。 1778年:7歳でケルンでの演奏会に出演。 1781(1782?)年:クリスティアン・ゴットロープ・ネーフェに師事。 1800年:交響曲第1番を宮廷劇場で指揮。 1804年:交響曲第3番『英雄』を発表。 1805年:交響曲第5番『運命』、交響曲

プロフィール詳細へ

ベートーヴェン(1770-1827)に関連するトピックス

交響曲 に関連する商品情報

おすすめの商品