ベートーヴェン(1770-1827)

人物・団体ページへ

CD 輸入盤

交響曲第3、5、6、8、9番 サーバタ&ロンドン・フィル、ニューヨーク・フィル、聖チェチーリア国立音楽院管、テアトロ・コロン管(1946〜51)(3CD)

ベートーヴェン(1770-1827)

基本情報

ジャンル
:
カタログNo
:
MR2474
組み枚数
:
3
レーベル
:
:
Europe
フォーマット
:
CD
その他
:
輸入盤

商品説明


ヴィクトル・デ・サーバタのベートーヴェン名演集(3CD)

往年のイタリアの巨匠サーバタは、情熱的な激しい演奏で知られます。サーバタはドイツ音楽も得意とし、バイロイト音楽祭、ザルツブルク音楽祭でも活躍しました。
 サーバタのベートーヴェンを集めたセット。特に今回はテアトロ・コロンの第九が含まれることが喜ばしい限り。テアトロ・コロンには定期的に客演し、ワーグナー演奏で重要な位置を築きました。コロンの第九というとトスカニーニの熱血演奏で知られますが、サーバタはそれに匹敵する凄まじい演奏で聴衆を興奮の渦に導いています。アセテート録音で限界はありますが鑑賞に堪える音質です。原語歌唱。合唱指揮者のラファエル・テラノロは、同劇場の合唱指揮者として長きに渡って活躍した名匠。カラスとの共演も知られています。(MUSE)

【収録情報】
ベートーヴェン:
● 交響曲第3番変ホ長調 Op.55『英雄』
(録音:1946年5月 セッション)
 ロンドン・フィルハーモニー管弦楽団

● 交響曲第5番ハ短調 Op.67『運命』(録音:1950年3月16日 ライヴ)
 ニューヨーク・フィルハーモニー交響楽団

● 交響曲第6番ヘ長調 Op.68『田園』(録音:1947年1月 セッション)
 ローマ聖チェチーリア国立音楽院管弦楽団

● 交響曲第8番ヘ長調 Op.93(録音:1951年3月18日 ライヴ)
 ニューヨーク・フィルハーモニー交響楽団

● 交響曲第9番ニ短調 Op.125『合唱』(録音:1949年7月26日 ライヴ)
 Nilda Hoffmann(Soprano)
 Zaira Negroni(Alto)
 Eugenio Valori(Tenor)
 Angel Mattiello(Bariton)
 テアトロ・コロン管弦楽団&合唱団

 ヴィクトル・デ・サーバタ(指揮)

 録音方式:モノラル

ユーザーレビュー

総合評価

★
★
★
☆
☆

3.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
1
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
これはサーバタの既出のベートーヴェン演奏...

投稿日:2016/06/20 (月)

これはサーバタの既出のベートーヴェン演奏をまとめたセットである。演奏は,オーソドックスな解釈にサーバタ特有のパッションが加えられたもので,興の赴くままに高揚するカンタービレは聴き物である。特に25分半かけて演奏される第九の終楽章は,恰幅のよい造形と朗々と歌われる声楽陣によって熱い感動へと導かれ,終演時の聴衆の沸き上がりぷりはいかに高揚させる演奏であったかという証しとなる。ただ,音質は,第九以外は鑑賞に耐えうるレヴェルなのだが,6番を除いて十分に演奏の美質を伝えているとは言い難い。第九は絶えず耳障りなノイズがともない,その他の6番以外は少々ザラついた音質である。剛毅でオペラティックな演奏に聴くべき所はあるが,素直に曲の良さを味わうにはこの音質では物足りない。したがって,このセットは一般向けではなく,サーバタのベートーヴェン演奏に関心をもつマニア向けという位置づけとなる。演奏時間は次の通り。第3番T16:37 U17:12 V5:49 W11:17・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・第8番T9:16 U3:32 V4:20 W7:19・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・第5番T8:01 U9:29 V5:01W8:33 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・第6番T9:13 U12:44 V4:59 W3:36 X9:30・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・第9番T15:37 U11:42 V13:58 W25:27・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

広島のパヴァンヌ さん | 広島県 | 不明

3

人物・団体紹介

人物・団体ページへ

ベートーヴェン(1770-1827)

1770年12月17日(16日?):父ヨハン、母マリアの次男としてドイツのボンに誕生。 1778年:7歳でケルンでの演奏会に出演。 1781(1782?)年:クリスティアン・ゴットロープ・ネーフェに師事。 1800年:交響曲第1番を宮廷劇場で指揮。 1804年:交響曲第3番『英雄』を発表。 1805年:交響曲第5番『運命』、交響曲

プロフィール詳細へ

ベートーヴェン(1770-1827)に関連するトピックス

交響曲 に関連する商品情報

おすすめの商品