LPレコード

交響曲第7番 カルロス・クライバー&ウィーン・フィル

ベートーヴェン(1770-1827)

基本情報

ジャンル
:
カタログNo
:
UCJG90001
組み枚数
:
1
:
日本
フォーマット
:
LPレコード

商品説明

ベートーヴェン:交響曲第7番
カルロス・クライバー&ウィーン・フィル

初回完全限定盤

100% Pure LPクラシック第1回発売。伝説の巨匠カルロス・クライバーのシャープなタクトが最大限に発揮されたベートーヴェン第7番。色褪せない名盤。
 独Emil Berliner Studios制作2003年DSDマスターよりダイレクト・トランスファー・カッティング。(ユニバーサルミュージック)

【収録情報】
・ベートーヴェン:交響曲第7番イ長調 op.92

 ウィーン・フィルハーモニー管弦楽団
 カルロス・クライバー(指揮)

 録音時期:1975年11月、1976年1月
 録音場所:ウィーン、ムジークフェラインザール
 録音方式:ステレオ(アナログ/セッション)


【新たな高音質アナログ「100% Pure LP」】
アナログLPの可能性を徹底的に追求した新たなハイエンド・シリーズ「100% Pure LP」。
マスター/素材選び/プレスまで全行程にこだわった、世界初のまったく新しいハイエンドなLPシリーズです。
・新配合無着色ヴァージン・ヴィニールを使用した180グラム重量盤
・メタルマスターからのダイレクト・プレス
・アナログ・マスターからのフラット・トランスファーを基本にした「DSDマスター」からのダイレクト・トランスファー・カッティング
・ジャケットはオリジナル・アートワークを使用したデザイン
 ※オリジナルを復刻したアナログ・ジャケットではありません。(ユニバーサルミュージック)

収録曲   

  • 01. 交響曲 第7番 イ長調 作品92 第1楽章:Poco sostenuto-Vivace
  • 02. 交響曲 第7番 イ長調 作品92 第2楽章:Allegretto

ユーザーレビュー

総合評価

★
☆
☆
☆
☆

1.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
1
★
☆
☆
☆
☆
「名盤中の名盤」と言われるカルロス・クラ...

投稿日:2022/03/16 (水)

「名盤中の名盤」と言われるカルロス・クライバーとウイーンフィル 。しかし、「名盤に名盤なし」というのが私の結論である。ベートーベンの交響曲第7番にはここには列挙できないくらいの名盤がある。単純に比較をして優劣を決めようとしているわけではない。ベートーベンの交響曲の解釈が的確かどうかを一つの基準としている。 クライバーの演奏解釈は一言で言えば「おざなりの演奏」と言える。 この様な演奏は「可もなく不可もない万人に待望される演奏」なので、安心して「名盤」と評価する評論家のいかに多い事か。 いちばんの欠点は「音楽がブツ切れになっている点だ」。例えば第3楽章などのテンポの設定は「やたらに速いだけで」音楽にテーマの関連性がおざなりになっている。 ウイーンフィル だから破綻なく演奏しているが、これを称して「名演奏」というのであろうか。こんな演奏は「一度聞いたら」「ゲップが出る」私にとっては「名盤」ではなく「御祓盤」とでも言っておこうか。やっぱり聞かない方がよかった。

ゲゲゲアサ さん | 神奈川県 | 不明

1

人物・団体紹介

人物・団体ページへ

ベートーヴェン(1770-1827)

1770年12月17日(16日?):父ヨハン、母マリアの次男としてドイツのボンに誕生。 1778年:7歳でケルンでの演奏会に出演。 1781(1782?)年:クリスティアン・ゴットロープ・ネーフェに師事。 1800年:交響曲第1番を宮廷劇場で指揮。 1804年:交響曲第3番『英雄』を発表。 1805年:交響曲第5番『運命』、交響曲

プロフィール詳細へ

ベートーヴェン(1770-1827)に関連するトピックス

交響曲 に関連する商品情報

おすすめの商品