ベートーヴェン(1770-1827)

人物・団体ページへ

CD 輸入盤

交響曲第9番『合唱』 ブロムシュテット&SKD(ライヴ)

ベートーヴェン(1770-1827)

基本情報

ジャンル
:
カタログNo
:
14566
組み枚数
:
1
レーベル
:
:
Germany
フォーマット
:
CD
その他
:
輸入盤

商品説明

SKD(シュターツカペレ・ドレスデン)の記念すべき名盤が、待望の復活!
1985年、ゼンパーオーパー再建記念ライヴ!

1985年3月30・31日、ライヴ録音(全集盤とは別演奏です)。シュターツカペレ・ドレスデン・ファンの間で「同楽団のベスト盤の一つ」として有名だったものの、ここ数年入手が困難な状況にあり復活が望まれていた名盤。
 第2次世界大戦中に空襲によって焼け落ちてしまったゼンパーオーパーは、1985年にめでたく再建され、記念コンサートも盛大に開催されました。当盤はオペラ公演が終了した後のシンフォニー・コンサートの模様を収録したものです。
 指揮者・オケともども気合の入り方や緊張感の高さが尋常ではなく、全体の出来栄えは70年代後半に同じ組み合わせ(ただし歌手陣は異なります)で録音されたスタジオ盤をはるかに上回っています。
 速いテンポできびきびと進められ、無駄のない引き締まったサウンドは大変印象的。いざという時の金管の強奏やティンパニの強打は迫力満点で、特に第2楽章などその特徴が顕著に表れています。もちろん第3楽章などではSKDの緻密で美しいアンサンブルが堪能できます。フィナーレは、圧倒的なパワーを持つ合唱を伴い、ラストは激しい追い込みで締めくくられています。

ベートーヴェン:交響曲第9番
エディット・ヴィーンス(S)、ウテ・ワルター(A)
ライナー・ゴルトベルク(T)、カール・ハインツ・シュトゥリチェク(Bs)
ドレスデン国立歌劇場合唱団、他
ブロムシュテット指揮、シュターツカペレ・ドレスデン

収録曲   

クラシック曲目

  • Ludwig van Beethoven (1770 - 1827)
    Symphony no 9 in D minor, Op. 125 "Choral"
    演奏者 :

    指揮者 :

    楽団  :

    • 時代 : Classical
    • 形式 : Symphony
    • 作曲/編集場所 : 1822-1824, Vienna, Austria
    • 言語 :
    • 時間 : :
    • 録音場所 : , [Studio]

総合評価

★
★
★
★
★

4.5

★
★
★
★
★
 
20
★
★
★
★
☆
 
7
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
1
★
☆
☆
☆
☆
 
0
★
★
★
★
★
セッション録音では、考えられない音楽が詰...

投稿日:2017/03/02 (木)

セッション録音では、考えられない音楽が詰まってる。これこそ、ブロムシュテットさん、ドレスデン・シュターツカペレのベートーヴェン「第九」ライヴ。しかも、戦争で破壊された劇場が再建され、聴きに来る人々(当時の国のエライさんが沢山居る!)だってわくわく、緊張感を増してくれる。今のブロムシュテットさんにもう一度、と言われても、出来ない貴重な記録。燃えたドレスデンの演奏が、生々しく聴ける貴重な盤。当時、日本では必ずしも評価の高くなかったブロムシュテットさんの面目躍如、音楽の匠だった事を証明する演奏。少々のミスを超えて、まごうこと無き、名演。ゾンダ―マンさんのティンパニが、やはり、見事。

sunny さん | 兵庫県 | 不明

2
★
★
★
★
★
ブロムシュテットには珍しいほどの白熱。第...

投稿日:2013/12/27 (金)

ブロムシュテットには珍しいほどの白熱。第一楽章よりティンパニのうまさが際立つ。中間部、第一主題テーマによるクライマックスはTpをいじり、面白い事をして、あたかも稲妻を思わす効果。第二楽章は譜面に忠実で反復もしっかり行う。ここでもティンパニがうまい。第三楽章、特に木管の歌わせ方は絶品。そしてフィナーレ。何度も聴く合唱だが、こんなにも本場で聴く合唱は澄んだものなのだろうか。歌詞がしっかりと聴きとれる。それがシュターツカペレ・ドレスデンの独特のアンティークな音色と融けあい、クライマックスはテンポをおとし、合唱以上に金管を際立たせ絶妙な効果。

アッキ さん | 茨城県 | 不明

3
★
★
★
★
★
これは皆さんのレヴュー通りです!本当に素...

投稿日:2013/06/08 (土)

これは皆さんのレヴュー通りです!本当に素晴らしい!最初から最後まで緊張感が切れずに「ええっ?ブロムシュテットってこんなに熱い人だったっけ?」と思わずにいられない熱演。全集も持っているがこんなには熱くない。やはりライブだと燃えるんでしょうか?いや、ブロムシュテットのNHKSOの実演何度も見たがこんなに燃えたの見ていませんよ!いやあ、久しぶりにええ演奏聴かせてもらいましたわ!NHKSOの実演でのマーラーやブルックナーではこんなに熱いことなかったですわ!いやあ、まいった、まいった、です。

mid-massa さん | 三重県 | 不明

2

人物・団体紹介

人物・団体ページへ

ベートーヴェン(1770-1827)

1770年12月17日(16日?):父ヨハン、母マリアの次男としてドイツのボンに誕生。 1778年:7歳でケルンでの演奏会に出演。 1781(1782?)年:クリスティアン・ゴットロープ・ネーフェに師事。 1800年:交響曲第1番を宮廷劇場で指揮。 1804年:交響曲第3番『英雄』を発表。 1805年:交響曲第5番『運命』、交響曲

プロフィール詳細へ

ベートーヴェン(1770-1827)に関連するトピックス

交響曲 に関連する商品情報

おすすめの商品