ベートーヴェン(1770-1827)

人物・団体ページへ

CD 輸入盤

交響曲第9番 クレンペラー&フィルハーモニア管(1960LIVE モノラル)

ベートーヴェン(1770-1827)

基本情報

ジャンル
:
カタログNo
:
CO3527
組み枚数
:
1
レーベル
:
フォーマット
:
CD

収録曲   

  • 01. Sinfonia N9 Op.125 Re Min "Corale" - Allegro Ma Non Troppo, Un Poco Maestoso
  • 02. Molto Vivace, Presto
  • 03. Adagio E Cantabile, Andante Moderato
  • 04. Presto: Allegro Ma Non Troppo

ユーザーレビュー

総合評価

★
★
★
★
★

4.5

★
★
★
★
★
 
2
★
★
★
★
☆
 
1
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0
★
★
★
★
☆
全曲盤を3種類持っているが、第九に関して...

投稿日:2021/03/13 (土)

全曲盤を3種類持っているが、第九に関しては本CDの録音が一番優れている。

LFA さん | 千葉県 | 不明

0
★
★
★
★
★
これは超お得な買い物だった!クレンぺラー...

投稿日:2012/05/10 (木)

これは超お得な買い物だった!クレンぺラーは実演ではこんな迫力があったのか、と思わされた1枚だ。フィルハ−モニアも熱演している。元々、レッグがカラヤンのレコード録音のために作った録音専用のオケだったんでしょう?まあ、フルヴェンのルツェルンでも共演したんだからそれなりの実力はあったんでしょうな。クレンぺラーの迫力を思い知らされた1枚。文句なしの満点!

mid-massa さん | 三重県 | 不明

0
★
★
★
★
★
この演奏は、1960年ウイーン芸術週間で...

投稿日:2007/11/29 (木)

この演奏は、1960年ウイーン芸術週間でのベートーヴェン・チクルスからものだと思う(当盤を聴いていないので断言できないが)。だとすれば、この演奏はクレンペラーの数多い第9の中でも屈指の名演。巨大な山脈がまるで唸りをあげて迫ってくるようなもの凄い精力に満ち溢れた演奏だ。かつてアルカディアやフォニット・チェトラ、M&A(全集)などからで出てました。同一音源だとしてもこの廉価盤は音質の方は不明です。

ito さん | 横浜 | 不明

0

人物・団体紹介

人物・団体ページへ

ベートーヴェン(1770-1827)

1770年12月17日(16日?):父ヨハン、母マリアの次男としてドイツのボンに誕生。 1778年:7歳でケルンでの演奏会に出演。 1781(1782?)年:クリスティアン・ゴットロープ・ネーフェに師事。 1800年:交響曲第1番を宮廷劇場で指揮。 1804年:交響曲第3番『英雄』を発表。 1805年:交響曲第5番『運命』、交響曲

プロフィール詳細へ

ベートーヴェン(1770-1827)に関連するトピックス

交響曲 に関連する商品情報

おすすめの商品