ベートーヴェン(1770-1827)

人物・団体ページへ

CD 輸入盤

Comp.piano Concertos: A.schiff(P)Haitink / Skd +piano Sonata, 23,

ベートーヴェン(1770-1827)

基本情報

ジャンル
:
カタログNo
:
0630.13159
組み枚数
:
3
レーベル
:
:
Europe
フォーマット
:
CD

収録曲   

  • 01. Concerto for Piano no 1 in C major, Op. 15
  • 02. Concerto for Piano no 2 in B flat major, Op. 19
  • 03. Concerto for Piano no 3 in C minor, Op. 37
  • 04. Concerto for Piano no 4 in G major, Op. 58
  • 05. Concerto for Piano no 5 in E flat major, Op. 73 "Emperor"
  • 06. Sonata for Piano no 23 in F minor, Op. 57 "Appassionata"

すべての収録曲を見る >

総合評価

★
★
★
★
★

5.0

★
★
★
★
★
 
4
★
★
★
★
☆
 
1
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0
★
★
★
★
★
王道の名演というHMVのキャッチコピーに心...

投稿日:2019/12/30 (月)

王道の名演というHMVのキャッチコピーに心から賛同。このベートーヴェンを聴けば、シフがどんなピアニストが即座に理解できるだろう。例えば1番の第3楽章冒頭を聴けば、これだけ各声部がクリアで、バランスが整っている演奏は他では聴けない。バックハウスも良いがペダル使いすぎである。アファナシエフもクリアだが、テンポをここまで犠牲にしては意味がない。キーシンはアファナシエフの真逆だし。アルゲリッチも良いが少々あざとい。シフのこの演奏を理解するために1番の他の演奏を相当聞いたが、納得できるテンポと響きを持つのはシフと内田光子の新盤だと思う。加えてハイティンクとSKDである。悪かろうはずがない。録音が少々惜しいのが唯一の欠点。シフのことだからベーゼンドルファー使っていると思うが、それにしても、このピアニストの美点である、あの粒立ちの良いタッチが入っていない。オーケストラも少々篭り気味。その点は内田光子に軍配が上がる。とは言え、ベートーヴェンの全集として堂々の横綱であることは間違いない。ファーストチョイスはこの全集である。

てつ さん | 東京都 | 不明

4
★
★
★
★
☆
名演奏・名録音でした。 悪い意味ではなく...

投稿日:2019/12/27 (金)

名演奏・名録音でした。 悪い意味ではなく模範的演奏の究極です。 もう少し刺激のほしい方には、ツィマーマンあたりの方が、、、とも思います。

古き良き時代 さん | 大阪府 | 不明

2
★
★
★
★
★
指揮者ハイティンクとピアニストシフという...

投稿日:2005/07/13 (水)

指揮者ハイティンクとピアニストシフという、個人的には日頃関心が薄いこの2人の指揮、演奏の何と素晴らしいこと!月並みな言い方ですが滋味深いオケの音色に乗ったピアノの一音一音の美しさといったらありません。他のレビューのとおり現在最高のベートーヴェンピアノ協奏曲全集でしょう。

たけちゃん さん | 福島県 | 不明

8

人物・団体紹介

人物・団体ページへ

ベートーヴェン(1770-1827)

1770年12月17日(16日?):父ヨハン、母マリアの次男としてドイツのボンに誕生。 1778年:7歳でケルンでの演奏会に出演。 1781(1782?)年:クリスティアン・ゴットロープ・ネーフェに師事。 1800年:交響曲第1番を宮廷劇場で指揮。 1804年:交響曲第3番『英雄』を発表。 1805年:交響曲第5番『運命』、交響曲

プロフィール詳細へ

ベートーヴェン(1770-1827)に関連するトピックス

協奏曲 に関連する商品情報

おすすめの商品