ベートーヴェン(1770-1827)

人物・団体ページへ

CD 輸入盤

Fidelio: Karajan / Bpo Dernesch Vickers Kelemen Donath Van Dam

ベートーヴェン(1770-1827)

基本情報

ジャンル
:
カタログNo
:
7692902
組み枚数
:
1
レーベル
:
Emi
:
Europe
フォーマット
:
CD

収録曲   

  • 01. Fidelio (gesamtaufnahme)

総合評価

★
★
★
★
★

5.0

★
★
★
★
★
 
6
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0
★
★
★
★
★
歌手たちが生き生きとしていて、オーケスト...

投稿日:2015/09/22 (火)

歌手たちが生き生きとしていて、オーケストラは雄弁だ。 あまり面白くない作品だと思っていたが、この録音を聴いているとなかなかいい音楽だと感じられた。ただオペラというよりオラトリオのようだ。 フロレスタンを歌うヴィッカーズがもうひとつだ。

ユローヂィヴィ さん | 大阪府 | 不明

2
★
★
★
★
★
素晴らしいCDです。豪華で個性的な歌手陣...

投稿日:2012/06/25 (月)

素晴らしいCDです。豪華で個性的な歌手陣、カラヤン・ベルリンフィルの精緻なオーケストラ演奏。これはカラヤンの十八番なのでしょう。聴いていてワクワクします。録音・お値段もよいです。

カズニン さん | 東京都 | 不明

1
★
★
★
★
★
既に指摘されている方がいますが、『フィデ...

投稿日:2012/04/23 (月)

既に指摘されている方がいますが、『フィデリオ』にはベーム&SKDおよびバーンスタイン&VPO、カラヤン&BPOと20世紀後半を代表する人気指揮者による極め付けの名盤が揃っていて、デジタル新盤の入りこむ余地はなさそうです。ベームは強く引き締まった表現で後半に向けて音楽を盛り上げていき、バーンスタインは丁寧な仕上げと劇的かつ大らかな表現で一番バランスがよいかもしれません。それに対しカラヤンは繊細な美しさと豪快さを併せ持った迫力のある進め方をしています。もっとも、そう感じるのはデルネシュ、ヴィッカーズらの歌にかなり力が入っているからでしょうか。レオノーレはイゾルデかジークリンデか、フロレスタンはトリスタンかジークムントか。そんなことを考えながら、今日も夜は更けていきます

エステ荘の噴水 さん | 岩手県 | 不明

1

人物・団体紹介

人物・団体ページへ

ベートーヴェン(1770-1827)

1770年12月17日(16日?):父ヨハン、母マリアの次男としてドイツのボンに誕生。 1778年:7歳でケルンでの演奏会に出演。 1781(1782?)年:クリスティアン・ゴットロープ・ネーフェに師事。 1800年:交響曲第1番を宮廷劇場で指揮。 1804年:交響曲第3番『英雄』を発表。 1805年:交響曲第5番『運命』、交響曲

プロフィール詳細へ

ベートーヴェン(1770-1827)に関連するトピックス

オペラ に関連する商品情報

おすすめの商品