CD 輸入盤

ホルスト:惑星、エルガー:弦楽セレナード ロジャー・ノリントン&シュトゥットガルト放送交響楽団

ホルスト (1874-1934)

基本情報

ジャンル
:
カタログNo
:
SWR19507CD
組み枚数
:
1
レーベル
:
:
Germany
フォーマット
:
CD
その他
:
輸入盤

商品説明

ホルスト:惑星、エルガー:弦楽セレナード
ロジャー・ノリントン&シュトゥットガルト放送交響楽団


バロックや古典派の作品を得意とするノリントンが演奏するホルストの『惑星』。重厚な和声を響かせ、たっぷりとメロディを歌わせるロマンティックな演奏が主流である中にも、ノリントンの軽やかな演奏は他の名演と一線を画すものとして評価されています。
 SWR(南西ドイツ放送)が所有する音源の中でも、ブールのラヴェルやカンブルランのベルリオーズなど「名演」として知られる一連の演奏を復刻。お求めやすい低価格で販売するシリーズ「SWR Century Classics」。
 当盤は93043の再発盤です。(輸入元情報)

【収録情報】
1. ホルスト:組曲『惑星』
2. エルガー:弦楽セレナード


 シュトゥットガルトSWR声楽アンサンブル(1)
 シュトゥットガルト州立歌劇場合唱団(1)
 シュトゥットガルト放送交響楽団
 サー・ロジャー・ノリントン(指揮)

 録音時期:2001年6月27-29日
 録音方式:ステレオ(デジタル)
 旧品番:93043

ユーザーレビュー

総合評価

★
★
★
★
★

5.0

★
★
★
★
★
 
2
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0
★
★
★
★
★
”弦楽セレナード”にはノリントンのエルガ...

投稿日:2018/06/19 (火)

”弦楽セレナード”にはノリントンのエルガーへの共感が滲み出ている 特に第一楽章は想いが溢れる ギャロップのリズムに載って歌い継ぐ心地よさが伝わってくる さて目玉の”惑星”だが これにエキセントリックなスペクタクルを期待してはいけない それを売りにして購買欲を刺激する向きがあるけれど それは偏に聴衆が欲求不満のはけ口に音楽を欲している事実があるとも言える ノリントン盤がそうならと18年間無視している方も多いのではないか それは勿体無い これは本当に美しい”惑星”だ アンサンブルで聴かせることが如何に多くの啓示をもたらすことか この澄み渡った夜空に星々を眺める時わたしたちは感じるだろう あらゆる存在の清らかさと果敢なさを そして見果てぬ夢は宇宙へ飛び立つ 不満があるとすれば ソロの弦にブリティッシュ情趣が感じられないことか これは蛇足 もしまだなら あなたも如何 

風信子 さん | 茨城県 | 不明

1
★
★
★
★
★
冒頭から、目から鱗の連続!とてつもなく面...

投稿日:2005/08/10 (水)

冒頭から、目から鱗の連続!とてつもなく面白いCDだ。私は『火星』と『木星』以外の曲は退屈で今まであまり聴かないできたのだが、この演奏だと「良い曲だな」と最後まで楽しんで聴ける。

Gilles さん | 東京都 | 不明

3

人物・団体紹介

人物・団体ページへ

ホルスト (1874-1934)

“惑星”で有名なイギリスの作曲家グスターヴ・ホルストは、1874年9月21日、英国グロースターシャー州のチェルトナムにスウェーデン移民の子として生まれます。父は音楽教師、母はピアニストだったこともあって、家庭環境は非常に音楽的でした。1887年、チェルトナム・グラマー・スクール入学。1891年、同校卒業。管弦楽のための間奏曲、スケルツォ作曲。1892年、ウィック・リッシントンでオルガニストの職に就

プロフィール詳細へ

ホルスト (1874-1934)に関連するトピックス

管弦楽曲 に関連する商品情報

おすすめの商品