マニャール(1865-1914)

マニャール(1865-1914)

マニャール(1865-1914) | CD、DVD、ブルーレイ(BD)、ゲーム、グッズなどを取り扱う【HMV&BOOKS online】では、コンビニ受け取り送料無料!国内最大級のECサイトです!いずれも、Pontaポイント利用可能!お得なキャンペーンや限定特典アイテムも多数!支払い方法、配送方法もいろいろ選べ、非常に便利です!

プロフィール

マーラーと同世代のフランスの作曲家、アルベリク・マニャール[1865-1914]は、第1次大戦のさなか、自宅に進入してきたドイツ兵たちに発砲して二人を射殺した結果、ドイツ兵の反撃にあい、家に火を放たれて焼き殺されてしまった悲運の作曲家。マニャールはマスネやフランク、ダンディなどに師事していますが、交響曲におけ

関連商品

商品ユーザーレビュー

10件

すべてのユーザーレビューを見る(10件)

  • マニャールの室内楽作品全集ということでは大変貴重な...

    投稿日:2018/09/23

    マニャールの室内楽作品全集ということでは大変貴重な録音だが、どの作品も少し物足りなさを感じた。 フランスの作曲家と聞くと華やかで軽めと勝手にイメージしてしまうのだが、マニャールの作品は地味では決してないが、なかなか渋い作風ではある。 これらの作品の中では『弦楽四重奏曲』と『ピアノ三重奏曲』がなかなか聴き応えがあり、印象に残った。 ディスクの4枚目にはマニャールの室内楽作品についてのレクチャーが収録されているが、この対訳が欲しい!

    ユローヂィヴィ さん

    0
  • マニャールのこのオペラが再発でリリースされたことは...

    投稿日:2012/06/19

    マニャールのこのオペラが再発でリリースされたことは幸せで待ちに待ちました。 フランスのワーグナーのような、ライトモチーフを駆使した完成度の高い作品。 プラッソン、トゥールーズ管による重厚で精彩に富んだ演奏を聴かせてくれます。 ロパルツぽく感じる部分があるのは、やはり楽譜が焼失してしまった部分を友人であるロパルツの手によって完成させたこともあってある意味2人の共同作業による珠玉の作品ではないかと思います。

    sac さん

    2
  • ずいぶん前に購入し、聴いたはずなのにあまり印象に残...

    投稿日:2012/04/18

    ずいぶん前に購入し、聴いたはずなのにあまり印象に残っていなかった。 今回聞き惚れた。すごい作曲家、すごい曲である。素人の悲しさ、表現力が 不足しているが、カリンニコフを聴いたときと同じくらいの感動を得た。 まだまだ知らない名曲が多数埋もれているのだろう。これだからCD購入は やめられない。

    素人の独白 さん

    2

既に投票済みです

ありがとうございました

チケット情報

現在、マニャール(1865-1914)のチケットはありません。
お気に入り登録
することで最新情報をお届します。

%%message%%