マリオ・バルガス・リョサ

人物・団体ページへ

ケルト人の夢

マリオ・バルガス・リョサ

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784000614740
ISBN 10 : 4000614746
フォーマット
出版社
発行年月
2021年10月
日本
追加情報
:
550p;19

内容詳細

二〇世紀初頭、コンゴとアマゾンの先住民に対する虐待、植民地主義の罪を告発したアイルランド人がいた。その名はロジャー・ケイスメント、大英帝国の外交官である。しかし彼は祖国アイルランドの独立を成し遂げるため、第一次大戦中はドイツに接近、反逆罪で絞首刑となる。同性愛者であったが故に翻弄されていく運命。英雄であり、反逆者でもあった百年前の外交官を描きながら、歴史書よりも深く善悪の境界を問い、評伝よりも大きなスケールで人間の不思議さに迫る。ノーベル賞作家がよりよき世界を希求するすべての人に贈る未来のための賛歌。

【著者紹介】
マリオ・バルガス=リョサ : 1936年ペルー生まれ。1959年『ボスたち』でデビュー。1963年『都会と犬ども』でビブリオテーカ・ブレーベ賞を受賞し、1966年代表作となる『緑の家』を刊行した。2010年、ノーベル文学賞受賞

野谷文昭 : 1948年神奈川県生まれ。ラテンアメリカ文学研究者・翻訳家。東京大学名誉教授、立教大学名誉教授。2010年、会田由翻訳賞受賞(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

(「BOOK」データベースより)

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

読書メーターレビュー

こちらは読書メーターで書かれたレビューとなります。

powered by

  • starbro さん

    2年ぶりにマリオ・バルガス=リョサの新作を読みました。と言っても、2010年にノーベル文学賞を受賞した年の作品、それを今頃出版する日本の出版社の文学的意識の低さを感じます。コンゴ−アマゾン−アイルランドと世界を股にかけて活躍した実在の大英帝国の外交官の物語、読み応えがあります。 https://www.iwanami.co.jp/book/b591619.html

  • 翔亀 さん

    【始原へ58】今年の最初のこの一冊の重厚感と言ったら。ストーリーの起伏に先を急ぎたいが、一文一文が重くてそれを許してくれず、結局正月休みを丸々費やしても読み切れず、延長戦の末、やっと読了した今、いろいろ考え込んでしまっている。人間の栄光と悲惨が、この伝記小説の主人公ロジャー・ケイスメントの一生に凝縮されている。■この英国の外交官の名は、日本ではほとんど知られていない。いや故国アイルランドでも英国による絞殺刑後しばらくは歴史から抹殺されていたらしい。しかし何という一生であろう。アフリカの野蛮を文明化する↓

  • TK39 さん

    バルガス=リョサがなぜアイルランド人を題材に?と思ったが、やはり、ラテンアメリカにつながりあり。主人公のケイスメントはコンゴ、アマゾンの植民地における暴虐ぶりを正すこ尽力し、大英帝国からナイトの爵位を得る。その一方でアイルランドも暴力は控えめであっても、同じように抑圧されていることに気づく。小説であり、色々な出来事における心理描写など読み応えのある傑作です。

  • warimachi さん

    どこまで本当か、という低レベルかつ最終的に突き当たる疑問がどうしても浮かぶ。小説として読む分にはもちろん卓越していて、「いかにもノーベル賞作家らしい作品だなあ」という感想もわいたが、まあそのへんは自分の方がひねくれすぎなんだと思います。

  • Sats さん

    アフリカのコンゴと、アマゾン奥地での先住民に対する虐待を世に告発した元外交官。そして、一方ではアイルランドの独立運動に身を投じた革命者。膨大な資料や見聞を基に作られた歴史小説。ロジャー・ケイスメントの人生を追体験できると共に、人間の在りようについて、残酷さや愚かさを目前い突き付けられます。500ページに渡る作品ですが、読み始めるとあっという間。濃密な読書体験が約束されます。

レビューをもっと見る

(外部サイト)に移動します

文芸 に関連する商品情報

おすすめの商品