ドラゴンランス レイストリン戦記 1|上 魂の剣

マーガレット・ワイス

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784041094846
ISBN 10 : 4041094844
フォーマット
出版社
発行年月
2021年11月
日本
共著・訳者・掲載人物など
:
追加情報
:
383p;19

内容詳細

傑作ファンタジー巨編「ドラゴンランス」の待望の前日譚を初邦訳!陽気で人望ある屈強な双子の兄キャラモンとは対照的に、頭脳明晰だが虚弱で“陰険男”と呼ばれた弟レイストリン。気のふれた母の性質と悲しみを強く受け継いだその子が、史上最強の魔術師へと歩み出す、その生い立ちを描く!

【著者紹介】
マーガレット・エディス・ワイス : 1948年3月16日生まれの米国の小説家。ファンタジーとサイエンス・フィクションの分野で多数の小説や短編を執筆。トレイシー・ヒックマンとともに、ダンジョンズ&ドラゴンズの「ドラゴンランス」世界を創造した、初期からのクリエイターの一人でもある(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

(「BOOK」データベースより)

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

読書メーターレビュー

こちらは読書メーターで書かれたレビューとなります。

powered by

  • garakuta@寝る三時間前に風呂を浴びると良い睡眠 さん

    マーガレット・ワイス著、安田均訳の小説。キティアラとかキャラモンとかすごく魅惑的な往年の登場人物の若かりし頃のお話。本作では様々な伏線が明らかになるマギウスとか、ヒューマとか。今巻の訳者あとがきには、続刊のレイストリン戦記 武装した双子(仮)全2巻も発刊察るそうで愉しみ。にしてもレイストリンも、格好が良いけど其の取り巻きもきらきらと光り輝いていい感じですね。個人的にはキャラモン推しだけどね。感化されやすいのかこの手の小説を読むと興奮してアメリカでゲーム文学の勉強をしたくなる。頭悪いから無理だけどね

  • ルシュエス さん

    「ドラゴンランス戦記」の主人公PTにいた魔術師レイストリンに焦点を当てた物語。 D&Dセッションで、T・ヒックマンの友人のRPで生まれたのですね…。 姉兄への愛情と、妬みや恨みが綯い交ぜになっているレイストリンが、幼少期に魔術師に会い、魔術学校に入る上巻。 幼いながら性格がそのままのキャラモンやスターム、全く変わらないフリントやタッスルに懐かしさがこみ上げます。 ウサギの影絵とか懐かしいな! 第二部の「武装した双子」も日本語化が決まっているそうなので楽しみ。 …の前に下巻へ。

  • クイックラック さん

    ドラゴンランスシリーズでいつも要にいる大魔術師レイストリンの幼少の頃から追いかけたサイドストーリーなんだけれども出てくるキャラやセリフが幼い頃からそのままで涙が出そう。なのでファンから見れば新しい側面だったり懐かしさで2度も3度も楽しめるけれども、逆にこれから読み出しても彼らの魅力は十分伝わる。上巻では魔術師を目指すきっかけだったり、頑健な双子の兄への嫉妬心の芽生えだったり、後に仲間になる竜槍の英雄たちとの出会いだったりとにかく目が離せない。時折姉のキティアラが皮肉混じりに投げつける真実とかもう最高としか

レビューをもっと見る

(外部サイト)に移動します

文芸 に関連する商品情報

おすすめの商品