ネットワーク・エフェクト マーダーボット・ダイアリー 創元SF文庫

マーサ・ウェルズ

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784488780036
ISBN 10 : 4488780032
フォーマット
出版社
発行年月
2021年10月
日本
共著・訳者・掲載人物など
:
追加情報
:
540p;15

内容詳細

かつて大量殺人を犯したとされた人型警備ユニットの“弊機”は、恩人メンサー博士の依頼で新たな惑星調査任務におもむくが、絶体絶命の窮地におちいる。はたして弊機は人間たちを守り抜き、大好きな連続ドラマ鑑賞への耽溺にもどれるか?ヒューゴー賞・ネビュラ賞・ローカス賞・日本翻訳大賞受賞作『マーダーボット・ダイアリー』の続編!ネビュラ賞・ローカス賞受賞。

【著者紹介】
マーサ・ウェルズ : 1964年テキサス州フォートワース生まれ。テキサスA&M大学で人類学の学位を取得。1993年に長編The Element of Fireでデビュー。“マーダーボット・ダイアリー”シリーズ第一話「システムの危殆」(2017)でヒューゴー賞・ネビュラ賞・ローカス賞の各ノヴェラ部門を受賞、第二話「人工的なあり方」(2018)でヒューゴー賞・ローカス賞の各ノヴェラ部門を受賞。シリーズ初長編『ネットワーク・エフェクト』(2020)ではネビュラ賞・ローカス賞を受賞。日本で刊行された『マーダーボット・ダイアリー』は第7回日本翻訳大賞を受賞した

中原尚哉 : 1964年生まれ。東京都立大学人文学部英米文学科卒(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

(「BOOK」データベースより)

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

読書メーターレビュー

こちらは読書メーターで書かれたレビューとなります。

powered by

  • ずきん さん

    超絶こじらせ系警備ユニット『弊機』の第二弾。みんな大好きARTに加え、2.0に3号『非常に愚かで、まったく理解できない』人間たちが入り乱れる萌えSF。突然ツッコんでくる「わーい」がハートを撃ち抜く。ジリジリ牽制し合うティアゴと抱き合わせで縛りあげたい。しまいにゃ、ボロ泣きさせられたから(←副反応の高熱で朦朧としてます)ああ、楽しかった。『弊機』愛してるぅー。会えたら問答無用で抱き締めたい。後ずさりさせたあげくに壁ドンしたい。速攻で嫌われるけど。期待を遥かに超える面白さだった。ずっと続いてほしいわあ。

  • Panzer Leader さん

    今回は恩人の娘達と共に惑星調査に赴いた弊機。その帰路謎の調査船に襲撃されるが、それが何と親友であるはずのART!ダーティワード連発が目立つが、面倒くささに磨きがかかった弊機の造型が楽しい。その上自分のコピーと議論したり、警備ユニット3号の独り立ちを手助けしたり、ARTやアメナとのやりとりも微笑ましい。そして自分が守ると決めた人達を守りきる姿勢は相変わらず。何かとりとめの無い感想だけど面白くて最高だったって事だけは分かって欲しい。

  • くたくた さん

    仏頂面の弊機はともかく、この“女の子”は誰なんだ?な3冊目です。“マーダーボット”こと自称弊機は、今回も1行目からぶっとばしております。とにかく相変わらずいろいろとこじらせつつも、誠心誠意人間の友人たちのために奔走。心を分ける機械知性であるART(の機体)に拉致され、当のART本体(知性)はどうやら削除=殺害されたようだと判断したところで、情緒的に破綻。メンサーの娘のアメナは、最初はよそよそしかったものの、若者らしい柔軟さと情緒で、弊機と心を交わす存在になっていく。そしてまた、相変わらずARTが良い。

  • sin さん

    確かに自分を卑下しているようなところがシャイで魅力的、人間を学ぼうとするところは成長途上の子供みたいで可愛いが…なんだかな〜このラノベ風のたるい表紙は!?自分のイメージでは彼?それ?は理知的なサムライソードで、そんな日本刀のように規律を感じさせるマーダーアンドロイドなんですが……さて今回のミッションはまさかの宇宙船にクライアントの娘と共に拉致されて友の消滅の可能性にうろたえる。ミステリアスな展開に弊機のアクション満載で一時たりと目が離せない期待に違わぬ面白さでした。

  • fukumasagami さん

    マーダーボット・ダイアリー続編、企業リムから救出したメンサー博士の娘アメナと共に研究活動からの帰還中の弊機(本来の名前は発音できない)を拉致したのはかつて大量虐殺を犯したステーションへの航路に便乗させてもらった大学研究船ARTだった。船内で敵性体に攻撃を受け連れ去られた先は一度廃棄された入植惑星だった。そこには異星文明からの汚染があり、ARTもに乗っ取られていた。拉致された人間を守りつつ、ARTを奪還した弊機は苦手とする人間たちと共に反撃を挑むがー。作中に登場するドラマ、見てみたい。

レビューをもっと見る

(外部サイト)に移動します

人物・団体紹介

人物・団体ページへ

マーサ・ウェルズ

1964年テキサス州フォートワース生まれ。テキサスA&M大学で人類学の学位を取得。1993年に長編The Element of Fireでデビュー。“マーダーボット・ダイアリー”シリーズ第一話「システムの危殆」(2017)でヒューゴー賞・ネビュラ賞・ローカス賞の各ノヴェラ部門を受賞、第二話「人工的な

プロフィール詳細へ

文芸 に関連する商品情報

おすすめの商品