CD 輸入盤

交響曲第5番 バルビローリ&ニュー・フィルハーモニア管弦楽団

マーラー(1860-1911)

基本情報

ジャンル
:
カタログNo
:
4332902
組み枚数
:
2
レーベル
:
:
Europe
フォーマット
:
CD
その他
:
輸入盤

商品説明

EMI MASTERS NEW PACKAGE SERIES
バルビローリ/マーラー:交響曲第5番


遅めのテンポで、作品に内在する情感をすべて引き出したかのようなロマンティックにうねる名演奏。共感の薄い部分や、無機的な部分など微塵もない心底熱いアプローチで、そこに込められた情念の重さ、激しい魂の昂ぶりはまさにバルビローリならではの世界。中間3楽章は特に聴きものです。

【収録情報】
・マーラー:交響曲第5番嬰ハ短調

 ニュー・フィルハーモニア管弦楽団
 サー・ジョン・バルビローリ(指揮)

 録音時期:1969年7月16-18日
 録音場所:ロンドン、ワトフォード・タウン・ホール
 録音方式:ステレオ(アナログ/セッション)
 1998 Digital Remaster

収録曲   

ディスク   1

  • 01. I. Trauermarsch (In gemessenem Schritt. Streng. Wie ein Kondukt)
  • 02. II. Strmisch bewegt (Mit grter Vehemenz)
  • 03. III. Scherzo (Krftig, nicht zu schnell)
  • 04. IV. Adagietto (Sehr langsam)
  • 05. V. Rondo-Finale (Allegro)

ディスク   2

  • 01. Record Label: Emi Classics
  • 02. Catalog#: 4332902
  • 03. Country Of Release: NLD
  • 04. Year Of Release: 2013
  • 05. Notes: John Barbirolli

ユーザーレビュー

総合評価

★
★
★
★
★

5.0

★
★
★
★
★
 
1
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0
★
★
★
★
★
EMIのロゴなので、この盤は消えていくだろ...

投稿日:2016/12/05 (月)

EMIのロゴなので、この盤は消えていくだろうけれど、Warnerが、引き続き残してくれることを望む。バーンスタインやテンシュテットが登場する以前、マーラーを頻繁に取り上げ、感動の音楽を聴かせてくれたサー・ジョン。イカレ具合は、流石に少ない。この時代、クーべリックと共に、良質で、情感と迫真、スケールの大きい真摯な姿勢での演奏の5番。ベルリンフィルの9番にも通ずる。こちらは、ロンドンの、当時のニュー・フィルハーモニア、死の前年’69年の録。私、若い時は、情感一切排除、巧いだけの(でも、あれだけの演奏の記録なら拍手喝采)ショルティ・シカゴ。今は、こ演奏が標準。より、興奮を求めるときは、シノ―ポリ、同じオケのフィルハーモニア盤。更に、ドロドロ、本質とエグイ演奏を聴きたくなったら、やっぱり、テンシュテット、バーンスタイン。21世紀では、この演奏に近い印象、でも克明なノット・バンべルグ。サロネンのキビキビ演奏も聴いてみたいんだが…。

sunny さん | 兵庫県 | 不明

0

人物・団体紹介

人物・団体ページへ

マーラー(1860-1911)

1860年:オーストリア領ボヘミア、イーグラウ近郊のカリシュト村で、グスタフ・マーラー誕生。 1875年:ウィーン楽友協会音楽院に入学。 1877年:ウィーン大学にてアントン・ブルックナーの対位法の講義を受講。 1883年:カッセル王立劇場の副指揮者に就任。 1885年:『さすらう若人の歌』を完成。プラハのドイツ劇場の

プロフィール詳細へ

マーラー(1860-1911)に関連するトピックス

交響曲 に関連する商品情報

おすすめの商品

この商品が登録されてる公開中の欲しい物リスト