CD 輸入盤

交響曲第9番 カラヤン&ベルリン・フィル(Live)

マーラー(1860-1911)

基本情報

ジャンル
:
カタログNo
:
4390242
組み枚数
:
1
レーベル
:
Dg
:
Europe
オリジナル盤発売年
:
1994
フォーマット
:
CD
その他
:
輸入盤

商品説明

マーラー交響曲第9番
カラヤン&ベルリン・フィル
ベルリン芸術週間ライヴ

バーンスタインによる伝説的なマーラー9番のコンサートの直後に、同じホールで同じ曲のセッション録音を同じオケとおこなっていたカラヤンですが、このライヴ録音は、バーンスタイの3年後に、同じくベルリン芸術週間で、同じオケで同じ曲を同じホールで演奏したという対抗意識むき出しの内容となっています。
 演奏はセッション盤がバーンスタインの痕跡を消そうとするかのように、重厚壮麗なカラヤン色に塗り上げられたものだったのに対し、ライヴ盤はより流麗で色彩豊かなサウンドを基調としており、作品の内容に即した自然な抑揚を伴ったレガートが、闘争的な音楽から諦観表現にいたるまで雄弁に描きつくしています。
 ここでのカラヤンは耽美一辺倒ではなく、たとえば終楽章後半では、時に消え入りそうになるほど虚無的な瞬間をいくども重ねながらも美しく歌い継がれていく旋律の進行が感銘深く、特に終結部でのはかない美を湛えた3分46秒間は、カラヤン美学の結実とさえ言いたくなるほど見事なものです。OIBPリマスターも成功しています。

【収録情報】
・マーラー:交響曲第9番ニ長調
 ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団
 ヘルベルト・フォン・カラヤン(指揮)

 録音時期:1982年9月30日
 録音場所:ベルリン、フィルハーモニー
 録音方式:デジタル(ライヴ)

収録曲   

  • 01. Adagio
  • 02. Rondo-Burleske
  • 03. Im Tempo Eines Gemachlichen Landlers
  • 04. Andante Commodo

総合評価

★
★
★
★
★

4.5

★
★
★
★
★
 
30
★
★
★
★
☆
 
8
★
★
★
☆
☆
 
4
★
★
☆
☆
☆
 
1
★
☆
☆
☆
☆
 
1
★
★
★
★
★
第4楽章での弦のうねりは第5番の同楽章と...

投稿日:2021/07/12 (月)

第4楽章での弦のうねりは第5番の同楽章と比べると大分弱い。カラヤンならもっといける感はするもどかしさはある。クライマックスでのパワー感は最強クラスではある。

海尾水 さん | 神奈川県 | 不明

0
★
★
★
★
★
マーラーの9番はベルリンフィルの2枚のアル...

投稿日:2021/03/20 (土)

マーラーの9番はベルリンフィルの2枚のアルバムが双璧だが、 バーンスタイン盤かカラヤン盤かは意見が分かれる。 同じオケでもバーンスタインの自然体と カラヤンの格調高さは以て異なる。 カラヤンはマーラーについて全曲録音していないので、 もう少しマーラーの演奏が聴きたかった。

ハッチ さん | 愛知県 | 不明

0
★
★
★
★
☆
なんというか…自然すぎるんですよね。サラ...

投稿日:2017/11/26 (日)

なんというか…自然すぎるんですよね。サラサラと流れていく感じ。スコアを見る限りもっと驚くべき内容を秘めた曲なのに響きは丸められ、調和されています。非常に個性的で好きな人も多いでしょうが…私も初めて聴いたときはあまりの弦のしなやかな美しさに驚嘆したものです。不思議なのは技術的に完璧だとか、完璧に近いとおっしゃる方が多いことですが、ここ最近の録音は聴かれているのでしょうか?なんだかんだで30年以上前のオケの水準ですから、あちらこちらに乱れや綻びが見られますが…別にそれがダメという事は決してありませんが。

ロールパン さん | 広島県 | 不明

4

人物・団体紹介

人物・団体ページへ

マーラー(1860-1911)

1860年:オーストリア領ボヘミア、イーグラウ近郊のカリシュト村で、グスタフ・マーラー誕生。 1875年:ウィーン楽友協会音楽院に入学。 1877年:ウィーン大学にてアントン・ブルックナーの対位法の講義を受講。 1883年:カッセル王立劇場の副指揮者に就任。 1885年:『さすらう若人の歌』を完成。プラハのドイツ劇場の

プロフィール詳細へ

マーラー(1860-1911)に関連するトピックス

交響曲 に関連する商品情報

おすすめの商品

HMV&BOOKS onlineレコメンド

この商品が登録されてる公開中の欲しい物リスト