CD

Sym.2: Walter / Nyp Forrester Cundari Westminster Cho

マーラー(1860-1911)

基本情報

ジャンル
:
カタログNo
:
SRCR8795
組み枚数
:
1
:
日本
フォーマット
:
CD

総合評価

★
★
★
★
★

4.5

★
★
★
★
★
 
3
★
★
★
★
☆
 
3
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0
★
★
★
★
★
ヒスノイズの多い音だが、明晰で色彩感のあ...

投稿日:2012/10/15 (月)

ヒスノイズの多い音だが、明晰で色彩感のあるステレオ録音で巨匠の名演が遺されたことに、われわれは感謝しなければならない。有名な48年のウィーンフィルライヴや、この直前のNYPとのライヴ盤のほうが、テンションも高く演奏としてははるかに優れ、面白いのだが、この端正なセッション録音もまた、後世に彼が残したかったものを伝えている。造形的には大きく変わらないのだが、巨匠の音の色彩感や細部のバランス感覚などは、この鮮明な録音を通じて得るものが少なくないからだ。特にフィナーレの高揚感と迫力は圧倒的で、演奏は勿論、音質も50年以上前の録音とは思えないような明瞭さだからこそ、巨匠の芸術の真骨頂を楽しめる。当時のCBSの録音技術の高さの一端を感じさせるものだ。

eroicka さん | 不明 | 不明

2
★
★
★
★
★
40年位前に生まれて初めて聴いたマーラーが...

投稿日:2010/04/08 (木)

40年位前に生まれて初めて聴いたマーラーがこの演奏(勿論LP)。ですから他の方より思い入れは強いですが、Blu-specで発売されたので聴いてみました。音が明快なのにビックリ!DSDマスタリングを使用しているせいもあるでしょうが、もっと「曖昧模糊」とした響きのイメージがあったので古さをあまり感じませんでした。 端正な演奏ながらワルターのマーラーに対する愛情が伝わってくるようで、感動的です。オールドファンは是非聴きましょう。

奥白根 さん | 埼玉県 | 不明

2
★
★
★
★
☆
1958年収録のステレオ録音・・・当時として...

投稿日:2009/09/17 (木)

1958年収録のステレオ録音・・・当時としてはまだ珍しいかったのでは?それとコロンビアSOではなくNYPOの処がミソ・・・?前年度に録った歌唱陣は異なるもののこのNYPOとの演奏ライブの延長戦ではないでしょうが。さて、本演奏大げさなものでなく・・・そう同じNYPOとの共演バーンスタインと比較するまでもなく比較的淡々としたものとなっています。私はLPベースなので今回の仕様改善CDは聴いてはいないのですが演奏そのものからすると終始熱演する新旧バーンスタイン盤がユダヤ的雰囲気ムンムンを感じさせる一方ワルターは多分私などが聴きとれないほど単に表面的なものでなく深いものを織り込んでの演奏を展開してくれているのでしょう。タイム的には例えばバーンスタイン盤などより概ね各楽章ほんの少しだけショート気味です。

0

人物・団体紹介

人物・団体ページへ

マーラー(1860-1911)

1860年:オーストリア領ボヘミア、イーグラウ近郊のカリシュト村で、グスタフ・マーラー誕生。 1875年:ウィーン楽友協会音楽院に入学。 1877年:ウィーン大学にてアントン・ブルックナーの対位法の講義を受講。 1883年:カッセル王立劇場の副指揮者に就任。 1885年:『さすらう若人の歌』を完成。プラハのドイツ劇場の

プロフィール詳細へ

マーラー(1860-1911)に関連するトピックス

交響曲 に関連する商品情報

おすすめの商品