メンデルスゾーン(1809-1847)

人物・団体ページへ

CD 輸入盤

メンデルスゾーン:『夏の夜の夢』より、『フィンガルの洞窟』、ロッシーニ:序曲集、ショパン:『レ・シルフィード』、他 マーク&ロンドン響、パリ音楽院管(2CD)

メンデルスゾーン(1809-1847)

基本情報

ジャンル
:
カタログNo
:
4803483
組み枚数
:
2
レーベル
:
:
Europe
フォーマット
:
CD
その他
:
輸入盤

商品説明

ペーター・マークによるメンデルスゾーン名盤を核に
舞台音楽演奏の経験を生かした名演の数々をカップリング


マーク得意のメンデルスゾーン。まさにその核心に当たる演奏で、若々しい息吹にあふれた颯爽とした表現が満ちあふれた名盤です。『フィンガルの洞窟』の第2主題の強弱が聴き手の心を揺らします。
 マークは指揮者としての活動をヨーロッパ各地の歌劇場やウィーン・フォルクスオーパーでスタートさせ、そのキャリアを積み重ねました。『ロッシーニ:序曲集』では、長年の舞台音楽演奏の経験を生かした、堂に入った演奏を聴かせています。また、『レ・シルフィード』や『泉』での抒情の表出の見事さは特筆に値するものです。(ユニバーサルIMS)

【収録情報】
ペーター・マーク/ロマン派舞台音楽作品集
1. メンデルスゾーン:劇音楽『夏の夜の夢』 Op.61(抜粋)
2. メンデルスゾーン:序曲『フィンガルの洞窟』 Op.26
3. ドリーブ:バレエ音楽『泉』(抜粋)
4. ロッシーニ:歌劇『ウィリアム・テル』序曲
5. 歌劇『チェネレントラ』序曲
6. 歌劇『セミラーミデ』序曲
7. 歌劇『どろぼうかささぎ』序曲
8. ショパン/ダグラス編:バレエ音楽『レ・シルフィード』

 ジェニファー・ヴィヴィアン(ソプラノ:1)
 マリオン・ロウ(ソプラノ:1)
 コヴェント・ガーデン王立歌劇場女声合唱団(1)
 ロンドン交響楽団(1,2)
 パリ音楽院管弦楽団(3-8)
 ペーター・マーク(指揮)

 録音時期:1957年2月(1)、1960年4月(2)、1957年11月(3,8)、1958年11月(4-7)
 録音場所:ロンドン、ギングズウェイ・ホール(1,2) パリ、共済組合会館ホール(3,8) パリ、化学会館ホール(4-7)
 録音方式:ステレオ(セッション)

収録曲   

ディスク   1

  • 01. Overture "A Midsummer Night's Dream", Op.21
  • 02. No.1 Scherzo London Symphony Orchestra, Peter Maag 04:23
  • 03. No.3 Song with Chorus: "Bunte Schlangen, zweigezungt"
  • 04. No.5 Intermezzo
  • 05. No.7 Notturno
  • 06. No.9 Wedding March
  • 07. No.11 Dance of the Clowns
  • 08. Finale: "Though this house give glimm'ring light"
  • 09. The Hebrides, Op.26 (Fingal's Cave)
  • 10. Introduction
  • 11. Scene
  • 12. Scene: Arrivee de Nouredda
  • 13. Divertissement: Andante
  • 14. Pas de Naila. Scherzo-Polka
  • 15. Scene et pas d'action
  • 16. Mazurka
  • 17. Scene
  • 18. Romance
  • 19. Scene finale

ディスク   2

  • 01. Overture
  • 02. Overture (Sinfonia)
  • 03. Overture
  • 04. Overture
  • 05. Prelude
  • 06. Nocturne
  • 07. Valse
  • 08. Mazurka
  • 09. Mazurka
  • 10. Prelude
  • 11. Valse
  • 12. Grande Valse Brillante

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

人物・団体紹介

人物・団体ページへ

メンデルスゾーン(1809-1847)

ドイツ・ロマン派の大作曲家、メンデルスゾーンの生涯は38年という短いものでした。現在のイメージでは、メンデルスゾーンは作曲家ですが、当時は指揮者・ピアニスト・オルガニストとしても非常に多忙だったようで、これに自ら設立した音楽院の運営や、同時代作品や過去作品の紹介といった数多くの仕事が加わり、さらには

プロフィール詳細へ

メンデルスゾーン(1809-1847)に関連するトピックス

管弦楽曲 に関連する商品情報

おすすめの商品