モーツァルト(1756-1791)

人物・団体ページへ

SHM-CD

ピアノ協奏曲第18番、第19番 内田光子、クリーヴランド管弦楽団

モーツァルト(1756-1791)

基本情報

ジャンル
:
カタログNo
:
UCCD1399
組み枚数
:
1
:
日本
フォーマット
:
SHM-CD

商品説明

モーツァルト:ピアノ協奏曲第18番、第19番
内田光子&クリーヴランド管弦楽団


世界から賞賛されている内田光子の最新モーツァルト録音。2011年のグラミー賞受賞からはや3年。世界が認めたデイム・ミツコ・ウチダのモーツァルト・アルバム待望の第4弾がついに登場します。
 今回はピアノ協奏曲第18番と第19番の2曲。どちらも26年ぶりとなる再録音で、これまで同様自らクリーヴランド管を弾き振りしています。これまでの録音でも、オーケストラのやわらかな音色と内田光子の軽やかなタッチが見事に調和した美しい演奏が印象的だったこのシリーズ。今回もこれまで以上の演奏が期待できます。(ユニバーサル ミュージック)

【収録情報】
モーツァルト:
・ピアノ協奏曲第18番変ロ長調 K.456
・ピアノ協奏曲第19番ヘ長調 K.459

 内田光子(ピアノ、指揮)
 クリーヴランド管弦楽団

 録音時期:2014年4月
 録音場所:クリーヴランド
 録音方式:ステレオ(デジタル/ライヴ)

内容詳細

内田光子の弾き振りによるクリーヴランド管とのモーツァルト・ピアノ協奏曲シリーズの第4弾。内田の指揮するオーケストラが雄弁。内田の独奏ピアノもモーツァルトの愉悦感に満ちている。美しい木管楽器とピアノの室内楽的な絡みが聴きどころ。作品の素晴らしさにも気づかされる。(治)(CDジャーナル データベースより)

収録曲   

ユーザーレビュー

総合評価

★
★
★
★
★

5.0

★
★
★
★
★
 
2
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0
★
★
★
★
★
いつもの内田光子のモーツアルト・コンチェ...

投稿日:2021/07/30 (金)

いつもの内田光子のモーツアルト・コンチェルト、一音一音を丁寧に心を込めて弾いているのが良く分かる。伴奏のクリーヴランドとの相性も抜群。

ruri さん | 東京都 | 不明

0
★
★
★
★
★
 内田光子によるモーツァルト協奏曲再録音...

投稿日:2014/08/07 (木)

 内田光子によるモーツァルト協奏曲再録音の第4弾。 細かいところまで彼女の想いがこもった濃い内容の一枚。 「もうすこし肩の力抜いて弾いてもいいんだじゃないか?」と思う部分もあるがそれをしないのはモーツァルトに真摯に取り組む彼女の姿勢なのだろう。 美しい、そして緊張感あふれる音は相変わらず。オケもぴったり寄り添っている。ソロの音を聴き、それに寄せて盛り上げてみたり、対話しているような一体感が気持ちいい。一番気に入っているのはテンポの良さ。せかせかせずに一音一音吟味して弾いている感じがあり、聴いている私もその音を楽しんでみたり、考えてみたり・・・と聴くことができる。

うーつん さん | 東京都 | 不明

2

人物・団体紹介

人物・団体ページへ

モーツァルト(1756-1791)

1756年:ザルツブルクで誕生。 1761年:最初の作曲(『アンダンテ ハ長調 K.1a』)。 1782年:オペラ『後宮からの誘拐』初演。 1783年:大ミサ曲ハ短調 K.427(417a)を上演。 1785年:弦楽四重奏曲集(ハイドン・セット)をハイドンに献呈。 1786年:オペラ『フィガロの結婚 K.492』初演。 1787年:父レオポル

プロフィール詳細へ

モーツァルト(1756-1791)に関連するトピックス

協奏曲 に関連する商品情報

おすすめの商品