CD 輸入盤

モーツァルト:交響曲第41番『ジュピター』、『フィガロの結婚』序曲、ハイドン:交響曲第101番『時計』 レミ・バロー&クラングコレクティフ・ウィーン

モーツァルト(1756-1791)

基本情報

ジャンル
:
カタログNo
:
GRAM99239
組み枚数
:
1
レーベル
:
:
Europe
フォーマット
:
CD
その他
:
輸入盤

商品説明


モーツァルト:ジュピター、ハイドン:時計
レミ・バロー&クラングコレクティフ・ウィーン


オーストリア・ザンクトフローリアン修道院教会でのブルックナー録音で話題を呼ぶレミ・バローは、優れたヴァイオリニストとしてウィーン・フィルの一員としても活躍していたこともありました。活動を通じて意気投合したウィーン・フィルの名クラリネット奏者ノルベルト・トイプルを中心とする、ウィーン最前線のオーケストラで活躍する名手たちによって結成されたのがクラングコレクティフ・ウィーン。デビュー作ではシューベルトの第1番と『未完成』を演奏してウィーン初期ロマン派作品の魅力を伝え、前作ではベートーヴェンの『英雄』を演奏、しなやかな音楽を聴かせましたが、今作では更に時代を遡りモーツァルトとハイドンの作品を披露しました。現代楽器を用いて18世紀から19世紀の音楽様式美を軽やかに、かつ鮮やかに伝える彼らの演奏は、聴き手を強く魅了します。(輸入元情報)

【収録情報】
● モーツァルト:歌劇『フィガロの結婚』 K.492〜序曲
● ハイドン:交響曲第101番ニ長調 Hob.I:101『時計』
● モーツァルト:交響曲第41番ハ長調 K.551『ジュピター』


 クラングコレクティフ・ウィーン
 レミ・バロー(指揮)

 録音時期:2019年10月18日
 録音場所:ウィーン、ペンツィング、ローレライ・ホール
 録音方式:ステレオ(デジタル/ライヴ)

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

人物・団体紹介

人物・団体ページへ

モーツァルト(1756-1791)

1756年:ザルツブルクで誕生。 1761年:最初の作曲(『アンダンテ ハ長調 K.1a』)。 1782年:オペラ『後宮からの誘拐』初演。 1783年:大ミサ曲ハ短調 K.427(417a)を上演。 1785年:弦楽四重奏曲集(ハイドン・セット)をハイドンに献呈。 1786年:オペラ『フィガロの結婚 K.492』初演。 1787年:父レオポル

プロフィール詳細へ

モーツァルト(1756-1791)に関連するトピックス

交響曲 に関連する商品情報

おすすめの商品