CD 輸入盤

モーツァルト:交響曲第41番『ジュピター』、R.シュトラウス:『サロメ』最終場面、他 カール・ベーム&フランス国立管弦楽団、ビルギット・ニルソン(1975年ステレオ)

モーツァルト(1756-1791)

基本情報

ジャンル
:
カタログNo
:
CDSMBA033
組み枚数
:
1
レーベル
:
:
International
フォーマット
:
CD
その他
:
輸入盤

商品説明


ベームがフランス国立管を振った、1975年サル・プレイエルにおけるステレオ音源!
美感を保ちながら流れるような音楽を展開するベーム十八番の『ジュピター』。
ニルソンを独唱に迎えたワーグナーとR.シュトラウスも必聴!


丁寧な復刻で評価を高めているスペクトラム・サウンド。フランス国立視聴覚研究所(INA)が保有する音源からのCD化シリーズ最新盤は、ベームがフランス国立管弦楽団を振った、1975年6月25日、サル・プレイエルにおけるライヴのステレオ音源です!
 カール・ベームが最も得意としたモーツァルトの『ジュピター』。ウィーン・フィル、ベルリン・フィルなど名門オーケストラとの名盤が存在しますが、このライヴ録音でも細部にまで意識の届いた演奏を展開しており、さすがベーム! と思わせます。その凄さは速いパッセージでも一音一音を大切にしながら音楽が流れていき、ベームの巨匠芸を堪能できます。
 ビルギット・ニルソンを独唱に迎えたワーグナーの『トリスタンとイゾルデ』から『前奏曲と愛の死』とR.シュトラウスの『サロメ』からのファイナル・シーンも必聴です。ニルソンはベームが最も信頼を寄せたソプラノ歌手で、自身が最も得意としたワーグナーとR.シュトラウスの主要な歌劇をベームとともに録音しております。圧倒的な存在感を示す歌唱は何よりも魅力ですが、ベーム指揮の演奏ではニルソンの実力が最大限引き出されているのがこの演奏でもよくわかります。力強さと柔らかさを併せ持った20世紀を代表する名歌手の歌声をご堪能ください。
 平林直哉氏による日本語解説付き。(輸入元情報)

【収録情報】
1. モーツァルト:交響曲第41番ハ長調 K.551『ジュピター』
(I. 8:08/ II. 7:50/ III. 5:46/ IV. 6:26 = 28:10)
2. ワーグナー:『トリスタンとイゾルデ』より前奏曲と『愛の死』
3. ベートーヴェン:『レオノーレ』序曲第3番 Op.72b
4. R.シュトラウス:『サロメ』より最終場面


 ビルギット・ニルソン(ソプラノ:2,4)
 フランス国立管弦楽団
 カール・ベーム(指揮)

 録音時期:1975年6月25日
 録音場所:パリ、サル・プレイエル
 録音方式:ステレオ(ライヴ)

 音源:Licensed by Radio France, INA & Birgit Nilsson Foundation
 24bit/192KHz digital restoration and remastering from the original master tapes

 輸入盤・日本語帯・解説付(解説:平林直哉)


内容詳細

貴重な音源がザクザク出てくるフランス国立視聴覚研究所の音源のCD化シリーズ。本作は、ステレオ録音のライヴが登場。いずれもベームが得意とする作曲家の作品で、ワーグナーとシュトラウスはニルソンがゲストだ。(CDジャーナル データベースより)

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

人物・団体紹介

人物・団体ページへ

モーツァルト(1756-1791)

1756年:ザルツブルクで誕生。 1761年:最初の作曲(『アンダンテ ハ長調 K.1a』)。 1782年:オペラ『後宮からの誘拐』初演。 1783年:大ミサ曲ハ短調 K.427(417a)を上演。 1785年:弦楽四重奏曲集(ハイドン・セット)をハイドンに献呈。 1786年:オペラ『フィガロの結婚 K.492』初演。 1787年:父レオポル

プロフィール詳細へ

モーツァルト(1756-1791)に関連するトピックス

交響曲 に関連する商品情報

おすすめの商品