モーツァルト(1756-1791)

人物・団体ページへ

DVD 輸入盤

レクィエムK.626 ベーム&VSO、ウィーン国立歌劇場合唱団

モーツァルト(1756-1791)

基本情報

ジャンル
:
カタログNo
:
0734081
組み枚数
:
1
レーベル
:
Dg
:
Europe
画面サイズ
:
通常
:
カラー
フォーマット
:
DVD
その他
:
輸入盤

商品説明

ユニテル映像作品の大注目作!
ベームのモーツァルト:レクイエム

だいぶ以前にTV放映され、話題になったベーム晩年のモーツァルトのレクイエムが初めてソフト化されます。
 昨今のモーツァルト演奏とは正反対のいわゆる“重厚長大型”演奏の極致を示す演奏で、死者のためのミサ曲にふさわしい、息長く悲痛なその進行には、有無を言わせず聴き手の心を動かす力が確かに備わっています。
 ピアリステン教会で収録されたことも手伝って、深みある色彩を湛えるウィーン国立歌劇場合唱団の力唱が、ジュスマイヤー完成部分でさえきわめて雄弁に聴かせてくれるのが印象的。ヤノヴィッツの美しい高音域に、ルートヴィヒのほの暗く豊かな声、シュライヤーのスタイリッシュな歌唱、ベリーの迫力ある低音と、ソリストも高水準です。

【収録情報】
・モーツァルト:レクイエム K.626
 グンドゥラ・ヤノヴィッツ(S)
 クリスタ・ルートヴィヒ(Ms)
 ペーター・シュライヤー(T)
 ヴァルター・ベリー(B)
 ウィーン国立歌劇場合唱団
 ウィーン交響楽団
 カール・ベーム(指揮)

 収録:1971年12月、ピアリステン教会、ウィーン

 フーゴー・ケッヒ(映像監督)

 画面:スタンダード、カラー
 音声:リニアPCMステレオ、DTS 5.1
 字幕:ラテン語/ドイツ語/フランス語/スペイン語/中国語
 収録時間:64分

収録曲   

  • 01. Anonymus - Opening Credits
  • 02. Requiem D-moll Kv 626
  • 03. Mozart, Wolfgang Amadeus - Requiem (i. Introitus)
  • 04. Mozart, Wolfgang Amadeus - Ii. Kyrie
  • 05. Mozart, Wolfgang Amadeus - Dies Irae (iii. Seq
  • 06. Mozart, Wolfgang Amadeus - Tuba Mirum (iii. Seque
  • 07. Mozart, Wolfgang Amadeus - Rex Tremendae (iii. Seq
  • 08. Mozart, Wolfgang Amadeus - Recordare (iii. Sequ
  • 09. Mozart, Wolfgang Amadeus - Confutatis (iii. Sequ
  • 10. Mozart, Wolfgang Amadeus - Lacrimosa (iii. Seq
  • 11. Mozart, Wolfgang Amadeus - Domine Jesu (iv. Offer
  • 12. Mozart, Wolfgang Amadeus - Hostias (iv. Offertor
  • 13. Mozart, Wolfgang Amadeus - V. Sanctus
  • 14. Mozart, Wolfgang Amadeus - Vi. Benedictus
  • 15. Mozart, Wolfgang Amadeus - Vii. Agnus Dei
  • 16. Mozart, Wolfgang Amadeus - Viii. Communio

総合評価

★
★
★
★
★

5.0

★
★
★
★
★
 
12
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0
★
★
★
★
★
ベームが指揮したモーツァルトの映像作品は...

投稿日:2021/07/21 (水)

ベームが指揮したモーツァルトの映像作品はいずれも大変素晴らしいものばかりだが、このレクイエムもまた然り。しかも、昔からベームの全仕事の中でもトップクラスに挙げる人も多い超名演となっている。当然(?)昔ながらの旧スタイルでの演奏であり、現在主流のピリオド(流儀を加味した)スタイルの演奏を至上のものとする人にはお奨めしない。しかし、全く個人的に思うところを書かせてもらえば、モーツァルトのレクイエムにおいてこの演奏を無視するのはあまりにも勿体ないと感じてしまう。ウィーン響もベストフォームといってよいパフォーマンスを披露しているし、ソリストの組み合わせもこれ以上は望めないレベルであり、実際にここでの歌唱は、ソリスト同士のバランスも含めて、極めて充実したものとなっていることは明らかである。現代においてはもはや実演で聴くことのできない大きな響きのレクイエムに包まれる体験も、悪くないのではないか。

H.N さん | 不明 | 不明

1
★
★
★
★
★
確かにオケがVPOでないのは残念な限りであ...

投稿日:2021/03/04 (木)

確かにオケがVPOでないのは残念な限りでありますが、それにしても有無を言わせない説得力のある演奏です。ソリストも充実しています。

pyon さん | 東京都 | 不明

0
★
★
★
★
★
全く言うことなしの名演。

投稿日:2010/10/19 (火)

全く言うことなしの名演。

おときち さん | 東京都 | 不明

6

人物・団体紹介

人物・団体ページへ

モーツァルト(1756-1791)

1756年:ザルツブルクで誕生。 1761年:最初の作曲(『アンダンテ ハ長調 K.1a』)。 1782年:オペラ『後宮からの誘拐』初演。 1783年:大ミサ曲ハ短調 K.427(417a)を上演。 1785年:弦楽四重奏曲集(ハイドン・セット)をハイドンに献呈。 1786年:オペラ『フィガロの結婚 K.492』初演。 1787年:父レオポル

プロフィール詳細へ

モーツァルト(1756-1791)に関連するトピックス

声楽曲 に関連する商品情報

おすすめの商品

この商品が登録されてる公開中の欲しい物リスト